東京グルメ本【東京旅楽】

巣鴨発祥 ひとくちごとにクセになるカレーうどん? 古奈屋

東京ランチ・カレーうどん

古奈屋

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


今日は朝から汐留方面で仕事。ちょっと遅くなったが、とりあえず何か食べられそうな日本TVそばの汐留カレッタヘ。
こちらには京都の茶寮都路里の支店があって、珍しく空いていたのでランチでもと思ったが、京都より高い。
場所代だろうか。食事もパフェも東京値段であるので、やめる。
さて、せっかくの東京。何かここでしか食べられないものはないだろうかと物色していると「古奈屋」の看板が。

ひとくちごとにクセになる古奈屋のカレーうどん

古奈屋
。そう、あのおばあちゃんの原宿 巣鴨で絶大な人気を誇るカレーうどんの店である。
その支店カレッタ汐留に支店を出したのだ。
(尚、余談だが、関西ではあの巨大ショッピングモール西宮ガーデンズに初進出してたらしい)
一度食べてみたかったので、古奈屋に決定。こぎれいでシンプルな店内。特徴的な雰囲気は無い。


さて、メニューを開いて驚く。すべて1000円超えである。
うどんに1000円とは驚きだが、ここは東京。 物価が高いに違いない。
スタンダードなカレーうどん(1050円)、新商品の九条葱ときざみ揚げカレーうどん1250円を注文。
ワイシャツが汚れないように、古奈屋の古のロゴがデザインされた紙エプロンを良い子の様につけて待つ。
周りを見渡すと叔父さんサラリーマンもこの格好。ちょっと面白い。


カレーうどん登場。1050円かあと思いながら、いんげんが寂しくのったうどんを覗く。
小皿には玄米が盛られており、これを残ったカレー汁に入れて最後まで美味しく食べてということらしい。

九条葱ときざみ揚げカレーうどんは葱が盛られている分、ちょっと華やかである。
でも1250円かあと、こちらも思う。

さて、そんなしょぼくれた気持ちでひとくち。
美味しいけれど普通かなと。やわらかでなめらかなクリームのようなカレー汁は後味にぴりっとしたものが残る。
最初の味覚を裏切るようなスパイシーさだ。

ずずず、とうどんと一緒に食べる。こしのあるうどんがまったりとした汁にからんでいる。
ずずず。うん、なかなかいいんじゃないか。ずずず、あれ、癖になりそうな旨さだ。

あっという間にうどんがなくなったので、玄米を入れる。こりこりとした米がおじやのようになり、また別の風味だ。
気が付いたら汁はすべて飲み干していた。底からはありがとうの文字。

もし、自分がお金持ちなら、毎日食べたい。
お金持ちじゃなくても月1は食べたくなる。古奈屋のカレーうどんは、そんな後を引く味であった。
これは、巣鴨で愛されているのも納得である。

古奈屋はこの度西宮ガーデンズに関西初出店を果たした。 食べたくなったら西宮に行けばいい。
これは朗報である。




京都の美味おとりよせ


古奈屋
カレーうどん

巣鴨本店
東京都豊島区巣鴨3−37−1 高岩寺(とげぬき地蔵尊)となり
電話03−3940−6180 営業時間 11〜20時(LO19:30) ※無休

カレッタ汐留店
東京都港区東新橋1−8−2 カレッタ汐留 B2F
電話03−5537−1881 
営業時間11〜22時(LO21:30) 日祝 11〜21:30(LO21時) ※カレッタ汐留定休日

阪急西宮ガーデンズ店(2008/11/26OPEN)
兵庫県西宮市高松町14−2 阪急西宮ガーデンズ4F
電話0798−68−0578  営業時間11〜23(LO22:30) ※ 阪急西宮ガーデンズ定休日




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 東京ランチ・カレーうどん 古奈屋の取材記事ページです。