東京グルメ本【東京旅楽】

明治23年、東京木挽町に創業、銀座で江戸の味を紡いできた菊廼舎(きくのや)

東京揚げまんじゅう

銀座菊廼舎
きくのや
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


明治23年、東京木挽町に創業、銀座で江戸の味を紡いできた菊廼舎(きくのや)
色々な形の小さな郷土菓子がつめこまれた冨貴寄が有名な和菓子店。

こちで販売されている揚まんじゅうをお土産に頂いた。

特製小麦まんじゅうを、大胆にもそのままからっと揚げたもの。
中には甘くしっとりとしたこしあんが入っている。

菓子と言うよりは惣菜と言っても良いボリュームで、
外にまぶされたマカデミアナッツがさっくとした食感を醸しだしている。
お茶よりコーヒーが合うような和を越えたまんじゅう。
冷めてもレンジで温めて揚げたての風味を味わうことができる。





 東京の美味おとりよせ


銀座 菊廼舎 本店  ぎんざ きくのや
和菓子・揚げまんじゅう

東京都中央区銀座5−8−8銀座コア B1F
電話03−3571−4095 営業時間11〜20時 ※無休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル【たびたの】東京みやげ・和菓子 銀座きくのや取材情報です。