滋賀グルメ本【滋賀旅楽】
水茎焼で出される100円手作りプリンがおすすめ ランチからカフェまでOKの工房カフェ ぴくにっくらんち

滋賀ランチ・カフェ

カフェレストラン
ぴくにっくらんち

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ) 

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


琵琶湖畔で青緑色の美しい器を求めたのは数十年前。
水茎焼と言って、かいつぶりが描かれたシンプルな器は今でも我が家の食卓に並ぶ。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ) ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

うる覚えの記憶を辿り、求めた辺りに着いた時、もう水茎焼は見当たらなかった。
それが先日の事である。TVを見ていたら、偶然水茎焼の陶芸場が取材されていた。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ) ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

調べてみたら工房は移転していたようだ。
水郷巡りの発着場のすぐそばで、器の販売だけでなく、陶芸体験場、カフェも併設されていた。
大きな木のぬくもりあふれる建物の中は、左手に階段状になった工房、右手に販売所が。
まずは水茎焼を物色。
あれからピンク色、地中海ブルーシリーズなどが出来、種類も増えたようだ。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)
 ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

買い物中に陶芸希望のカップルが来ていた。
内容にもよるが1500円から体験コースがあるようで、時間があれば是非やってみたいところだ。

ふと見れば2階にぴくにっくらんちというカフェがあった。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

カフェからは工房が一望。
子供達は陶芸体験、お父さんは上で一服などの使い方もできそう。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

窓を開け放してあるこの季節、誘われるように窓側の席に座る。
まるで祖母の家のような懐かしい土の匂いがする。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ) ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

メニューから黒胡麻チーズケーキのセット630円とプリンを注文。
もちろん器は水茎焼。かいつぶりのイラストが愛らしい。
ケーキの味は特筆すべきものは無いが、この雰囲気、この器で十分満足。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

是非おすすめしたいのが特製手作りプリン。
缶詰のみかんが1つのった家庭的なプリンがかわいい器に入って出されるだけで
わくわくしてしまうのは何故だろう。値段を聞いて驚く無かれ。100円!である。
面白いシステムでこの器を持ち帰ることができ、そうすると900円になる。

持って帰ろうかどうか悩んだ末に止めたのは、持ち帰るのは新品の器と書いてあったのだが、
このプリンは冷やさないとならないのに、どうやって新品を使い分けるのだろうという
ちょっとした疑問が湧いたからであるが、そんな事を考えてしまうのはヤボというものか。

ぴくにっくらんち(滋賀ランチ&カフェ)

好きな陶器に囲まれてのカフェ、ちょっといい。

お腹の空いた方には、郷土料理懐石、近江牛しゃぶしゃぶやパスタなどのランチメニューも揃っている。
またバーベキュー施設もあり、グループでの利用もできる。



京都の美味おとりよせ


ぴくにっくらんち
カフェレストラン

滋賀県近江八幡市中之庄町620 水茎焼陶芸の里
電話0748−33−1345 営業時間9〜19時 ※水曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2013旅楽トラベル 近江八幡ランチ&カフェ ぴくにっくらんちの紹介記事です。