京都グルメ本【京都旅楽】

平安神宮の西にいつも行列のできている店がある。京料理店六盛のスフレ専門店 六盛茶庭(サテイ)

京都スフレ・カフェ

六盛茶庭


京都トイレなブログ
六盛茶庭のスフレ ぶどう
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


平安神宮
の西にいつも行列のできている店がある。手をけ弁当で有名な京料理店六盛のスフレ専門店 六盛茶庭(サテイ)だ。

六盛茶庭

スフレ
とはフランスの焼き菓子で、ココットからきのこのように大きく傘をかぶったようなふわふわとした洋菓子だ。

六盛茶庭のスフレ 六盛茶庭のスフレ ソースを入れる

注文してから焼き上げるため、最低でも20分はかかる。
それ故なかなか行列が短くなることがない。特にシーズンは数時間待ちになる。

六盛茶庭のスフレ抹茶ソース 六盛茶庭のスフレ

オフシーズンや閉店近い時間は空いていることもある。
この日は17時すぎで、珍しく行列がないがないので立寄った。
季節のスフレ(ぶどう)785円と抹茶スフレを注文。
初めての人にはスフレの食べ方マニュアルが渡され、出来上がりを待つことになる。

待ち時間が長いので 抹茶ミルク735円を飲みながら待つ。
しばらくして甘い香りと一緒にきのこのようなスフレが。
スフレはすぐに食べないとしぼんでしまうので、あわてて作業に取りかかる。

六盛茶庭のスフレ 抹茶 六盛茶庭 着物の女性達

まず専用のスプーンで真ん中をくりぬく。そこに別添のまったりとしたソースを流し込む。スフレ自体の味は一緒だが、
小さなカップには、抹茶スフレなら抹茶クリーム、
季節のスフレなら季節のフルーツクリームがたっぷりと入っている。

六盛茶庭花 六盛茶庭

すると、みるみるまに真ん中がへこみ、ソースの泉となる。これをふわふわのスフレとあわせながら頂くのだ。
まるで雲のようなふわふわぷるぷるさで、甘い時間がとろけていく。

六盛茶庭 六盛茶庭概観

待つ時間と反比例するあっという間の美味しいひととき。
茶庭のスフレに思わず人生の無常を感じてしまうのは僕だけだろうか。




●京都のおいしいもの



|  旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都関西グルメ本TOPへ  |  京都目的別もくじへ  |

六盛茶庭
スフレ

京都市左京区岡崎西天王町60
電話075−751−2866 営業時間11:30〜19:00(LO18:00) ※月休(祝の場合営業、翌休)



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都美味スフレ 六盛茶庭