京都グルメ本【京都旅楽】

柳馬場角に蔵を模したような小さなカウンターがメインの小料理屋がある。おばんざいの店三月


京都ランチ・和食

三月


京都トイレなブログ
 おばんざい三月
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


姉小路には素敵な店が多い。町家ごはんの光泉洞 寿みよりほどなく。京都市役所からは5分ちょっとほど。

おばんざい三月

柳馬場角に蔵を模したような小さなカウンター(2階座敷は夜用)がメインの小料理屋がある。おばんざいの店三月

おばんざい三月 おばんざい三月

三月はビジネスランチでの利用が多いが、休日は観光客の方の姿もちらほらと見られる。
お母さんが毎日市場から目利きするという魚料理は、一人暮らしや単身赴任の身にはなんとも嬉しいおふくろの味。

 おばんざい三月 おばんざい三月

奇をてらった料理ではなく、身近な家庭料理である。
奥様方だとご自身が作られているいつもの料理という風で、感動は少ないと思う。


おばんざい三月 おばんざい三月

さて、この日は、いわしの煮物セット(850円)とカレイの煮物セット(950円)を注文。
この他には、ロールキャベツ(850円)、おでん、鯖の味噌煮(950円)、鯛のあら煮(1000円)、特製カレー(950円)など
毎日通っても困らないほど家庭的なメニューが揃っている。

なんと言ってもおすすめは魚料理。イワシもカレイも新鮮でつやつやしている。カレイは子持ちでまた嬉し。
隣の中年男性は観光の方だろうか。聞き耳を立てると、鯛のあら煮に関して「京都なのに味が濃いね」と話していた。
確かに味付けはしっかりしている。

メインの料理の他に赤米のごはん、冷奴、南瓜の煮物、味噌汁、つけものがセット。
忙しく動くお母さんと、指示を仰ぐお嫁さんといった風のスタッフさん。
知り合いの家に遊びにきたようなこの雰囲気も、おふくろの味もいつもそこにある日常のようでほっとする。




京都の美味おとりよせ



|  旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のお土産おとりよせ  |  京都目観光・美味もくじへ  |

三月
おばんざい

京都市中京区柳馬場通姉小路北東角
電話075−231−4503

営業時間ランチ11:30〜14:00 夜17:30〜22:00 ※不定休 日曜のランチなし



Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都おばんざいランチ 三月(閉店しました)