京都グルメ本【京都旅楽】

御所南のかわいらしい町家風スパニッシュカフェ サラデエスタール
京都町家ランチ・スペイン料理

サラデエスタール

sala de estar

京都トイレなブログ
サラデエスタール
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


御所南、裁判所近くにあるスペイン料理の店サラ・デ・エスタール

白い壁が印象的な町家の概観。中に入るとインテリア本に出てきそうなお洒落な店内。
かわいらしいお嬢さんが「いらっしゃいませ」と声をかけてくれる。

サラデエスタール サラデエスタール

奥が抜けており、そこには小さなデッキ。このオープンエアの空間にテーブルセット。
気候がよければこの個室のような空間席も素敵だろう。

サラデエスタール サラデエスタール

しかしながら暑い。何せ真夏日の道を歩いてきたのだ。
いくら風通しが良いとはいえ、これは辛い。
そもそも本物の町家は坪庭が据えられており、空気圧の関係で空気が流れるようにできているのだと
代々町家に住んできたの主人に聞いたことがある。 ここはその庭はデッキになっている。

サラデエスタール

更に扇風機も無い。たぶん、店内にいる人は、外がどれだけ暑いのか気づいていないのだろう。
やはりもてなしを与える立場としては、涼しい空間を確保して欲しい。
少なくとも汗をぬぐっている客を見たら、気づいて欲しい。

サラデエスタールの日替わりランチを頼んでからも、ひたすら汗が出る。
お姉さんは何も気づかなかったらしい。 エアコンをお願いしようかと思っていると
後から来た女性二人が絶えかねたのだろう「暑いのでエアコン入れてもらえます?」 と
そちらも汗をふきふき言ってくれた。「今入れます」とのスタッフの声に、正直当方もほっとした。

あのままだったら、食欲が失せてしまうところだった。

サラデエスタール

チキンの煮物がメインのワンプレートランチ。やわらかい鶏肉なのだがかなりしょっぱい。
これがスペイン風の味付けなのかもしれない。それにじゃがいものオムレツにサラダなど。
男には軽めである。パンかサフランライスを選べるのでサフランライスに。
蛸の入ったケチャップ風味のライス。こちらは薄味だったので、メインと頂くと良いかも。
この内容で850円。ゆったりとした空間で、特に女性好みなのではないかと思う。

かわいいお嬢さんに「食後のドリンクはいかがですか?」と聞かれセットなのかと思い頼んだら、
追加150円だった。
喉が渇いていたので、これはこれで構わないのだが、最近セットで聞いているのか、
追加で聞いているのか良く分からない時がある。

営業的台詞をやんわりと伝える言葉なのだろうと推測する。
その努力はこの不景気故、仕方ないのだろうと思うが、願わくははっきり付け加えて欲しい。
100円追加で、とか、これはセットですとか。
最近特に、曖昧な言葉で聞かれる事が増え、少々うんざりしている。

それはサラデエスタールに限った事ではないので誤解無きよう。
ランチタイムの後はカフェ、バーと姿を変える。
特にカフェなどはこのおだやかな雰囲気で、より楽しめるのではないだろうか。
次回はカフェに訪れてみたい。




京都の美味おとりよせ



カサデエスタール
ランチ・スペイン料理

京都市中京区富小路竹屋町上ル枡屋町337
電話075−212−1313 営業時間 11〜22時(LO) ※火曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都町家カフェ カサデエスタールのランチ取材記事ページです。