大阪グルメ本【大阪旅楽】

美しいデザートをゴージャスな空間で楽しむ 小野原倶楽部 セカンドストリートカフェ
大阪ランチ・カフェレストラン

Second Street Cafe
セカンドストリートカフェ
小野原倶楽部

京都トイレなブログ
セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


国立循環器センター病センターの裏手、大阪小野原西エリアはまるで住宅展示場ののような
立派な家が並ぶ。その通り沿いにファミレスからカフェやレストランなど新規店が続々OPENしている。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】 セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

仕事の打ち合わせで入店したのは、セカンドストリートカフェ Second Street Cafe
小野原倶楽部とあり、一見会員制のようにも見えるが、そうではなかった。
広々とした駐車場に車を止め、重厚な扉を開ける。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】 セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

ディナータイムの少し前。パスタは1500円からとの看板。
カフェは大丈夫かと聞くと大丈夫とのことで、快く席へ案内してくれた。


 

イギリスの貴族の家のようで、何もかもが豪奢である。
マダムシンコ彩都店の浮いたような感じとはまた違った雰囲気で、落ち着く。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

窓際の個室にはアンティークだろうか、飾りの付いたピアノが置かれていた。
椅子もテーブルも打ち合わせ使いには勿体無い。
上にはパンと張ったクッションが置かれている。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

太い木枠の窓にはずっしりとしたカーテンがかけられている。
テーブルには陶器のベル、青いグラスにはナフキンがまとめられている。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】 セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

隣の部屋には豪華なソファが置かれているのが見える。
どこもかしこもゴージャスである。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】 セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

デザートメニューからアプリコットチーズケーキ、ティラミス、ダークチェリー入りシブーストタルト
(いずれも700円)を選び、紅茶をセットしたら2000円近くになった。
値段もゴージャスであるが、この雰囲気ならばと納得するほど居心地は抜群であった。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

どれもが鮮やかに彩られたプレートを見て、わくわくした。
ティラミスは上にマカロンが乗せられ、ブラウンとアイボリーで描かれたシックな絵画のよう。
アイスレモンティーと共に。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

アプリコットチーズケーキはフルーツとカスタード&ラズベリーソースが華やかに。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

温かな紅茶はポットにてたっぷり。 小さな棒にザラメが巻いてある甘味のスティックが面白い。

セカンドストリートカフェ 小野原倶楽部【大阪カフェ】

ダークチェリー入りシブーストタルトは焼プリンだろうか、タルトの上に一掬いされ、
その頂点をラズベリーが飾っていた。うっとりしたのはタルトの周りのフルーツソース。
カスタード、オレンジ、緑はキウイだろうか、ストロベリー、まるで虹のような華やかさ。

さて、デザートで2000円。セレブなカフェタイムはプライベートに楽しむが良し。
1年に数度なら、こんな贅沢なひとときもいい。

セカンドストリートはカフェレストランとあるが、本命は食事のようである。
ランチやディナーを特別な日に特別な人と。この空間だけでも株が上がりそうである。



おとりよせ 大阪の美味おとりよせ

おうちで紅茶おとりよせ

●セイロンティー ミルクティー専用紅茶 ●ウィタード オブ チェルシー ●アールグレイ・ブルー ●ウェッジウッド紅茶 ピュア

|  旅楽トラベルTOPへ | 京都美味店 | 京都の良い宿 |  京都関西グルメ本TOPへ  |  京都目的別もくじへ  |

Second Street Cafe
小野原倶楽部
セカンドストリートカフェ

カフェレストラン

大阪府箕面市小野原西3−28−19 
電話072−727−7870 
営業時間 モーニング10〜11時、ランチ11〜14時、
ティータイム14〜17時、ディナー17〜21時 ※火曜定休


京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル【たびたの】
大阪カフェレストラン 小野原倶楽部セカンドストリートカフェ
の取材記事です。