京都グルメ本【京都旅楽】

老舗旅館 俵屋旅館プロデュースの美しく贅沢なティーサロン 遊形サロン・ド・テ
京都カフェ・ティーサロン

遊形 サロン・ド・テ

京都トイレなブログ
遊形 サロンドテ【京都カフェ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


俵屋旅館がプロデュースしているギャラリー遊形では俵屋旅館で使用されているアメニティなどが販売されている。
特に上品な香りの石鹸は人気で、よく買って送って欲しいと頼まれたりもする。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】 遊形 サロンドテ【京都カフェ】

そのギャラリー遊形を西へ行ってすぐいティーサロンがある。
俵屋のわらび餅などが頂けるので、人気である。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】

遊形サロンドテはドアを開けたその時からハイセンスな空間に包まれる。
姉小路に面した窓側の席、奥のソファ席、苔の美しい中庭のあるテーブル席にカウンター席。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】

どこに案内されるのかわくわくしてしまう。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】 遊形 サロンドテ【京都カフェ】

おすすめは中庭に面したカウンター席。
光やわらかく苔の上に降り注ぎ、なんとも癒されるのだ。
取ってのちょこんとついたグラスもかわいらしいし、おしぼりのタオルもふかふか。いい香りがする。

お値段はかなりの贅沢であるが、少しだけ俵屋旅館を感じてみたりする。
一度宿泊してみたいなあと。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】

デザートセット。深煎コーヒーと紅茶より紅茶をチョイス 2200円。
ふとさっき頂いたランチより高いのに罪悪感を覚えるが、いやいやと打ち消す。
季節のデザートはキャラメルのババロア そら豆のソースであった。
どこにキャラメルのババロアが?と思うほどたっぷりと空豆のソースが器を満たしている。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】 遊形 サロンドテ【京都カフェ】

さすがにほどよい甘さで良い味である。底まで掬うと夕張メロン色のババロアが顔を出した。

遊形 サロンドテ【京都カフェ】 遊形 サロンドテ【京都カフェ】

紅茶は残念ながら少し渋みを感じるほどで出すぎのようだった。
ポットにはたっぷりと用意されており、2.5杯くらい楽しめるのでゆっくり過ごせる時におすすめだ。

深煎コーヒーポットサヴィス1200円。俵屋の名物干菓子、福俵が2つ添えられる。
連れは、ポットサービスは量が多かったのも有り、個人的に味は喫茶葦島の方が好みだと言っていた。

何はともあれ、贅沢なティータイムになった。

空室確認・予約 ≫俵屋旅館

遊形サロン・ド・テは全席禁煙です。京都禁煙の店一覧≫



京都の美味おとりよせ


遊形サロン・ド・テ
わらび餅 ・ティーサロン

遊形サロン・ド・テ
京都市中京区姉小路通麩屋町東入ル北側
電話075−212−8883 営業時間11〜19時 ※火曜定休

ギャラリー遊形

京都市中京区姉小路通麩屋町東入ル
電話075−257−6880 営業時間10〜19時 
※第1・3火曜日定休(4・5・10・11は無休) 1月1日(12/31/は 16時閉店)

俵屋旅館
京都市中京区麩屋町麩屋町御池下ル 電話 075−211−5566




京都関西グルメ本  (C) 2004-2014旅楽トラベル 京都喫茶・甘味・和菓子 遊形サロン・ド・テ カフェ・わらび餅の取材記事ページです。