京都グルメ本【京都旅楽】

八百屋カフェの野菜たっぷりランチにヘルシーデザート 市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう
京都ランチ・八百屋カフェ

市文字屋與三郎

いちもんじやよさぶろう

京都トイレなブログ
市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


護王神社近く、御所西の室町通出水にあまり目立たない八百屋がある。

出水通に入って「あっ」という具合である。八百屋カフェ 市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】 市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

100年近い歴史のある八百屋を継いだ元気な姉妹が野菜を使った料理を提供してくれている。
たまたま関西テレビのよーいドンを観ていたら、
隣の人間国宝さんで円広志さんが市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろうを訪問していた。
お母さんも出演されていたが、勢いでこの家を買ったとか話されていた。元気で明るい女性達と拝見した。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

さて、壁のような玄関を開けると1階は八百屋になっている。野菜を始め、デザートやジャム、お弁当などもある。
狭くて急な階段を上がると 3階は座敷、2階はテーブル席のカフェスペースになっている。
こじんまりとしているのだが、南側に大きな窓があり、明るくて気持ちがいい。
そして何故か、ラジカセからは少し古い90年代の歌謡曲がかかっていたりする。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】 市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

そして、行く時間が中途半端なせいか、何故かいつもか仕切状態である。当方としてはこれまた嬉しい。
ランチは野菜たっぷりなメニューが揃っており、大体1000円である。
今日は、コロッケ定食1000円を。スタッフは1階で待機しているが、
呼び出しボタンが用意されているので大声を出す必要も無く有り難い。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

ほどなく、ランチが運ばれてくる。大きな皿にたぷりの野菜サラダ、野菜コロッケ2個、
スクエアの皿におばんざいが3種、選べる玄米ごはん、野菜たっぷりの味噌汁が付く。
全体的に何を頂いても甘いのは、野菜の甘みであるのか味付けなのかはわからぬが、当方は好きである。

これほど沢山の野菜が使用されているのは八百屋のカフェならではであろう。
味噌汁には茄子やほうれん草などごろごろと具が入っており、野菜スープのよう。
これだけのおかずに、御飯がかなりすすむが、お替わりも「どうぞ」とにこやかにすすめてくれるのも嬉しい。
御飯の量も聞いてくれる。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

連れは八百屋定食1000円。 おばんざいが10種プレートに並ぶ。
野菜不足の身体にやさしい野菜ランチ。野菜がメインでありながらもボリュームたっぷり。
八百屋のカフェ、期待通りである。1つ悩みは未だに店名が覚えられない事。
仲間内では「よさぶろう」という通称になっている。

さて、満足なのはランチばかりではない。デザートや生ジュース、弁当も侮れない。
この話題はまた後で。




市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろうのランチ情報を追加しました 2011.11



たんまりと野菜が食べたくなって御所西の八百屋カフェ 市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろうへ。
今日はラジカセから徳永英明が流れている。
入店した時は女性のお一人様がゆっくりとランチタイムを過ごされていたが、何かイベントがあったのだろう、
団体さんが来られて、珍しくいつもののんびりした雰囲気が一変した。
結構通わせて頂いているが、こんなに混雑しているのは初めてである(笑)。



4人がけのテーブルが2つ並んでいるので、2階は8人、無理すれば10人は座れそうである。
さて、今日お願いしたのは鯖の味噌煮がついた定食とコロッケ定食。いずれも玄米で。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

絶妙な味付けの鯖の味噌煮はおふくろの味。これだけで御飯が進むものだから、しっかりとお替りをお願いする。
鯖と来れば梅干。自家製で酸っぱく大きい。おひたし、出し巻き卵、野菜の炒め物・・小皿に色々。
今回感動したのは具沢山の味噌汁である。野菜の甘みがこの味噌と合うのだ。

市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろう【京都ランチ】

 連れはいつものコロッケ定食。と、言っても惣菜は都度変わるので新鮮である。
ざっくり揚げられたポテトがぎゅっと詰まったコロッケ、煮物、おひたし、高野豆腐など。
そういえばそういう季節であった。刻みすぐき。サラダには自家製のドレッシング。
恐らくキュウイなどフルーツが入っていて斬新。勿論美味であった。

いつ訪れてもほっとする市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろうなのである。



市文字屋與三郎は閉店しました





京都の美味おとりよせ


市文字屋與三郎
いちもんじやよさぶろう

八百屋カフェ

京都市上京区室町出水西入西出水町110 2F・3F
電話075−432−2828  ※日月定休+臨時休業あり
営業時間 1F(販売)11:00〜19:00  2F (カフェ)11:00〜18:00(17:00LO)




京都関西グルメ本  (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都八百屋カフェ市文字屋與三郎 いちもんじやよさぶろうの取材記事ページです。