中華・餃子・ラーメン 河原町・祇園  50音順

京都グルメ本【京都旅楽】
飲んだ後にさっぱり食べたくなる魚介系ラーメン 京つけめんつるかめ

京都つけめん・ラーメン

つるかめ


京都駅周辺のホテルを地図から探す

つるかめ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


2009年11月にOPENしたばかりの京つけめんつるかめ
四条通から寺町通を上り右手。
ハイセンスなつるとかめの看板に近寄るものの、うっかり表のむげんに入りそうになる(笑)。

つるかめ

ご注意あれ、店舗は横の路地である。よくぞこの場所をと思うほど小さな店舗はまるで屋台のよう。
カウンターの椅子が埋め尽くされ、暖簾をくぐれなければ裏口から入店する。席はたったの8席だ。

亀甲模様のタイルを組み合わせた赤のカウンターテーブルがレトロ。
厨房では若い男性が二人、てきぱきとラーメンを作っている。

メニューは極めてシンプル。 ラーメンまたはつけ麺に玉子かけごはんなどのサイドメニューと
味玉などのトッピング、飲み物は瓶ビール。

つるかめ

ちょっと一杯の帰りだったのでラーメンとつけめんを注文。
ラーメン並盛 700円には、チャーシューと白ネギ、海苔がのせられている。
恥ずかしながら最近、とんこつラーメンがきつい。

そんな中、つるかめの魚介系ラーメンはするすると胃の中に納まっていく。
鶏がら豚骨スープがベースとの事だが、あまりそれは感じなかった。
むしろ貝であろうか、独特なクセのある和の風味が印象に残る。

ちなみにつるかめのラーメンは化学調味料を使用されていないそうだ

つるかめ

つけめん 並盛 750円。味玉付だと100円UP。
北海道直送のちぢれ麺。なるほど味噌ラーメンのあれである。
それがどんぶりにてんこもりで出されたものだから、小盛サイズにすべきだったかと後悔したが、
なんてことは無い上げ底であった。

つけ汁はどろんとしたこちらは鰹の風味が印象的で、刻まれたチャーシュー、メンマが時々顔を出す。
最初は太麺を美味しく頂いていたのだが、やはりだんだんぬるく薄くなってしまう。
夏はいいのだが、寒い日はやはり熱々の方が美味しい。
つけ麺を最後まで美味しく食べる方を知らぬ。だし汁を追加する事無く、最後は飲めるほどになってしまった。

つるかめのこの立地、さっぱりとした風味、やはりサラリーマンには有り難い。
狭すぎるのが玉に瑕だが、飲んだ後にちょくちょくお邪魔することになりそうだ。



京都の美味おとりよせ


京つけめん つるかめ
ラーメン・つけ麺

京都市中京区寺町通四条上ル中之町559 菊水ビル 1F
電話075−211−3213 営業時間 11:00〜21:30(売切れ次第閉店) ※無休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都美味ラーメン 京つけめんつるかめ