京都グルメ本【京都旅楽】

西陣千両ヶ辻にある秘密にしたい豆腐・湯葉専門店 豆生庵
京都ランチ・豆腐料理

豆生庵

とうせいあん

京都トイレなブログ
豆生庵【京都ランチ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


千両ヶ辻。かつて西陣の
大宮通は1日で千両が動くと言われ、ここには絹問屋などが軒を連ねていた。
現在その様子はすっかり変ってしまったものの、立派な町家が並び落ち着いた味わいのある雰囲気である。

豆生庵【京都ランチ】 豆生庵【京都ランチ】

そこに小さな暖簾が揺れている。豆腐・湯葉料理の豆生庵(とうせいあん)。
概観も店内もこじんまりしていて飾らない雰囲気だが料亭のような美味しい料理を食べさせてくれる。

豆生庵【京都ランチ】

店内はカウンターのみなので、予約はして置いたほうがいい。
この日も何人も断られていた。特にグループの飛び込みは難しい。

メニューは予めお願いしておくのが良い。
ランチは2種、1050円の竹御膳、1580円の松御膳のみ。

夜は桜御膳2100円、菊御膳3150円の2種と非常に分かりやすい。
電話の応対はぶっきらぼうな感じを受けると思うが気にせずに。
飾らないとても良い女将さんだから。

豆生庵【京都ランチ】

さて本日は松御膳を頂く。もちろん冷酒も昼から飲んでしまう。
まずは刺身に生湯葉。刺身に添えられているうに豆腐がくにゅくにゅとして面白いから味わって。
絞りたての豆乳を使って毎朝仕込んでいるという生湯葉もとろけるよう。
胡麻ドレッシングがかけられており、サラダ感覚で。

豆生庵【京都ランチ】

揚げたてが供される絹揚げ。生姜とネギが添えられている。
もうこれが食べたくてお邪魔しているようなもの。絶品。

豆生庵【京都ランチ】 豆生庵【京都ランチ】

湯豆腐鍋。豆腐の美味しさがシンプルに味わえる。なめらかにとろけるような豆腐に友人は唸る。
そう、観光で来ている友人を連れて行くのもお勧めだ。
更にあつあつの天麩羅。海老や蓮根や大葉など。

豆生庵【京都ランチ】 豆生庵【京都ランチ】

ごはんと香の物。そして、最後に出されるデザートもお楽しみ。
豆乳に生クリームを加えたデザートだそうだ。みかんの爽やかなソースが満足感を高めてくれる。
これだけの内容で1580円とは驚くばかりだ。その場で次の予約をついつい入れてしまう豆生庵

できれば内緒にしておきたい。




京都の美味おとりよせ


豆生庵
ランチ・豆腐湯葉料理

京都市上京区大宮通一条下ル下石橋南半町50
電話075−415−0008 営業時間11:30〜14:00、17:00〜21:00 ※月曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都ランチ(豆腐・湯葉料理) 豆生庵の取材記事です。