京都グルメ本【京都旅楽】

西陣の民家で頂く身体に優しい薬膳のような手作りランチ スガマチ食堂
京都ランチ・定食

スガマチ食堂


京都トイレなブログ
スガマチ食堂【京都ランチ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


大徳寺、建勲神社の近く、鞍馬口通には気になる店が目白押しである。
有名処ではミシュラン1つ星を獲得した蕎麦のかね井、風呂を改築したカフェさらさ西陣
やわらかわらび餅が美味しい茶洛、そして身体に優しいごはんが食べられるスガマチ食堂など。

スガマチ食堂【京都ランチ】 スガマチ食堂【京都ランチ】

スガマチ食堂は普通の民家を素敵に改装したごはん屋である。
地元人の利用が多く、ランチタイムなどは、店先には沢山の自転車が停まっている。

スガマチ食堂【京都ランチ】 スガマチ食堂【京都ランチ】

ギリシャの家のような白い壁に木枠のガラスドア。
裸電球の下には彼岸花のドライフラワー(だろうか)がぽつんと置かれている。

この日は満席であったが、すぐにカウンター席に案内された。
左手にカウンターと窓側にテーブル席、右側は板間の座敷になっている。

カウンターは少し窮屈であるが、棚にはアルミの大きな鍋が置かれ、
厨房では休み無くスタッフが料理を作っている様子が見える。

スガマチ食堂【京都ランチ】

本日の定食1000円は3つのメインから1つ、鶏と豆腐のハンバーグたかきびあんをチョイス。
さっぱりとしたとろりとしたあんが特徴的。

スガマチ食堂【京都ランチ】

相方は、たらフライタルタルソース。固めに揚げられたたらは中身ふんわり。
タルタルソースが意外にも濃厚であった。
ごはんは、玄米ごはんを。固めなのでしっかり噛んで頂く。

ひよこ豆のサラダ。刻み玉ねぎなど酸味のある味付け。たっぷりと器に入っている。
少し変っているのが蓮根の煮物。味付けはシナモンだ。そこに何か変った種が入っている。
薬膳で使う例えばクコの実のような身体にいいものをわざわざ取り入れているそうだ。
故にちょっと変った味がする。
お吸い物には野菜と生姜がたっぷり。なすのおひたしは真っ青な色に。


完食した後は、少し身体に良い事をした気持ちになった。
おばあちゃんとおじいちゃん、中年の夫婦、若い女の子のグループ、男のお一人様、
スガマチ食堂に訪れる人は実に様々である。

身体にご褒美。たまには休肝日。時々脚を運ばずには居られないそんな食堂である。




おとりよせ京都の美味おとりよせ  

寒天のおとりよせ

● 創業61年 寒天ひとすじ
 ●社長が【これ以上の粉寒天はない!】と言い切った絶品 ●の国産粉末寒天
スガマチ食堂
ランチ・定食
京都市北区紫野南船岡町71
電話075−441−2808 営業時間11:30〜20:30(LO20:00) ※月火定休



京都関西グルメ本 京都美味ランチ スガマチ食堂のランチ紹介記事です。 Copyright (C) 2004-2011旅楽【たびたの】