京都グルメ本【京都旅楽】

出町柳の町家で素敵な和ランチ 出町ろろろ

京都ランチ・和食

出町ろろろ


京都トイレなブログ

出町ろろろ(ランチ)
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


枡形(出町)商店街のすぐ脇、餃子の王将出町店そばに京町家があって、
何とも不思議な名前がガラス戸にかかれている。出町ろろろ

出町ろろろ(ランチ)

通るたびに水木しげるのろくろ首が柳のそばで首を伸ばしている姿を想像するのだが、怖くは無い。
出町ろろろは、和食店である。人気の店なので、休日などは満席の案内が出ている。

直接伺って断られるのも悲しいので、直前に電話をかけてみた。
2名と告げると、その人数なら大丈夫とのことで12時に伺う。

出町ろろろ(ランチ)

靴を脱いであがると窓際に大きなテーブル、メインはカウンター席で、
お好きなカウンター席にどうぞと案内された。向かい側では男性のお一人様が既に食事中であった。

今日は平日だし、直前で予約もとれたし、さすがに空いているのかと思いきや、なんのなんの。

飛び込みで来たグループはことごとく断られ、30分を過ぎた頃から続々と予約客がやって来て、
見る見る間にカウンターは埋め尽くされたのであった。我々が予約を取れたのは単に運がよかっただけのようだ。

中に女性のお一人様がいたのだが、端の席でもなく、基本は女性同士の客が多かったので、
何となく気の毒な状況であった。出町ろろろはあまりお一人様には向かないような気がする。

出町ろろろ(ランチ) 出町ろろろ(ランチ)

まずはおしぼり。のせられた敷物を見たら天然葉であった。素敵である。
さて、このろろろのネーミングはと言えば何となく付けたと言うから、面白い。

ねじられた様相の箸の留紙には手書きで「ろ」と書いてある。


出町ろろろ(ランチ) 出町ろろろ(ランチ)

今日は限定20食のお昼のろろろ弁当1050円を。この他要予約で2400円の昼のコースがある。
年季の入ったお弁当箱は既にいくつか用意され、後で揚げたての天麩羅が加えられる。
それが揃ったら弁当が目の前に置かれる。


出町ろろろ(ランチ)

2段重ねのちょっとずつ美味が並んだ宝物のような弁当。
イラスト入りの手書きの献立がメニューに張り付けてあるので確認しながら頂く。

今日の1段目は

1.オクラ煮干和え 2.万願寺唐辛子もろみ味噌で 3.空心菜胡麻浸し 

4.ツルムラサキわさび和え  5.かぼちゃのレモン煮 6.焼きナスとトマトのお浸し 

7.胡麻豆腐を干しブドウのたれで 8.じゃが芋紅しょうが和え

出町ろろろ(ランチ)

2段目はあつあつ、出来立てのラインナップ。

9.土鍋ごはん(おこげつき) 10.きゅうりのかきあげ 11.出し巻きのり玉ねぎあんかけ 12.おみそ汁

これは何だろうとイラストと突合せながらいただくろろろ弁当は、本当に楽しい。
きゅうりのかきあげなど、夏らしくそして意外で、ご主人の想像力に脱帽する。
土鍋のごはんはおこげがなんとも言えず、お言葉に甘えておかわりさせて頂いた。

全体的には腹八分目のヘルシーなボリュームだと思う。
故に女性客が多いのも頷ける。

少し観光でお越しの方には不便な場所かもしれないが、
リーズナブルな料金で京都らしい料理と雰囲気が味わえる出町ろろろ
ランチの予定に加えてみたらいかがだろうか。

出町ろろろは全席禁煙です。京都禁煙の店一覧≫



京都の美味おとりよせ


出町ろろろ
和食・ランチ

京都市上京区今出川通寺町東入一真町67−1
電話075−213−2772 営業時間12〜14時、18〜22時 ※火曜・第1第3月曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都美味ランチ・京料理 出町ろろろの取材記事です。