京都グルメ本【京都旅楽】

北野天満宮東門前の美味しい料理と居心地の良い小さなフレンチ店 ラシーヌ

京都ランチ・フレンチ

RACINE
ラシーヌ


京都トイレなブログ

 ラシーヌ 京都ランチ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


北野天満宮東門近く(上七軒の方)にお洒落なレストランがあるのに気づいた。

ラシーヌ 京都ランチ

フランス料理のRACINEラシーヌ。2009年7月にOPENしたばかり。

ラシーヌ 京都ランチ ラシーヌ 京都ランチ

カウンター4名、テーブル席6名の小さなフレンチ店の名前の意味は「根源」。
「フランス料理の基本を大切にした料理、レストランのあり方などを大事に考え、
しっかりと地に足をつけた店にしたいという思いを込めた」と紹介されている。

ラシーヌ 京都ランチ

水の中のように幻想的な外の景色を写す窓を組み込んだそのドアを開けた時、
そのご夫婦の思いが伝わってくるような気がした。

ラシーヌ 京都ランチ ラシーヌ 京都ランチ

綺麗に磨かれた店内はシンプルでありながら暖かな雰囲気に包まれていた。
この小ささが何とも言えぬ居心地の良さを与えてくれる。

席の空間は広めで、ゆったりとしたカウンターに腰掛けてランチ1050円をお願いする。
生憎時間が無かったので、泣く泣くデザート(+315円)は諦める。ビールを頂いて、料理を待つ。
綺麗なキッチンではシェフの手によって、次々と料理が出来上がってゆく。

ラシーヌ 京都ランチ

サラダと焼き立てのパン。奥さんはもとパン職人だそうだ。四角のサラダに良く合うパン。
サニーレタス、オニオン、かぼちゃ・・旬の野菜がたっぷり。ビネガードレッシングでシンプルに。

ラシーヌ 京都ランチ

メインは数種あった。こちらは、鯛のポワレ。ふんわりと塩気もほどよい。
メインにぴったりのバゲットが焼き上がり、運ばれる。

ラシーヌ 京都ランチ ラシーヌ 京都ランチ

都度都度焼き立てを頂けるこのタイミングもすごくいい。

ラシーヌ 京都ランチ

もう一つのメインは鶏もも肉のマスタードソース。
シンプルな一皿だが、鶏肉のやわらかさときたら、素晴らしい。ソースの酸味とほのかな辛み。
ぴったりである。

ラシーヌ 京都ランチ

食後に珈琲と紅茶をチョイス。全てにおいて丁寧に作られているのが分かる。
この内容でとてもリーズナブルだ。

オードブル、スープ、デザートきっと美味しいに違いない、そう思わせるランチであった。
今度はゆっくりとこれらが楽しめるメニューB(2100円)を頂きたい。

何より我が家はよく天神さんに参拝に訪れる。
古の花のかき氷、そしてラシーヌのランチ。楽しみがまた1つ増えたのが嬉しい。

丁寧なシェフの挨拶と、笑顔の素敵な奥さんの見送りにおなかだけではなく心もいっぱいになった。



京都の美味おとりよせ


ラシーヌ RACINE
フレンチ
レストラン

京都市上京区御前通今出川上ル鳥居前町666−12
電話番号075−467−3530 ※水曜定休(祝日、25日は営業、翌日休み)

営業時間 11:30〜15:00 14:30(LO) 18〜22:30 21:30(LO) 金土祝前日 18〜24 23(LO)



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都美味フレンチレストラン・ランチ ラシーヌの取材記事です。