京都関西グルメ本【京都旅楽】

300年を越える八ツ橋の老舗 節分限定の懸想餅も是非 本家 西尾八ツ橋

京都八ツ橋・和菓子

本家西尾八ツ橋

本家西尾八ツ橋

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


八ツ橋、特に生八ツ橋は京土産として最も多く購入されているのではないだろうか。
数多く八ツ橋の店あれど、本家西尾八ツ橋の創業は1689年。

本家西尾八ツ橋 本家西尾八ツ橋

既に300年を超える老舗は八ツ橋発祥の店としてその歴史を刻み続けている。
節分の日は熊野神社に一服処が作られ、
八ツ橋(あんなまニッキ)などの茶菓子とお茶で無料接待を行ってくれている。

本家西尾八ツ橋(懸想餅)

その本家西尾八ツ橋の節分限定の和菓子が懸想餅である。

本家西尾八ツ橋(懸想餅) 本家西尾八ツ橋(懸想餅)

懸想餅とは須賀神社の懸想文にそっくりな包装に入った紅白の餅。

本家西尾八ツ橋(懸想餅) 本家西尾八ツ橋(懸想餅)

懸想文売りが表に描かれている。その包装を取ると木箱を模した箱。

本家西尾八ツ橋(懸想餅)

その中に紅白のしっとりとした餅がめでたく並んでいる。

本家西尾八ツ橋(懸想餅) 本家西尾八ツ橋(懸想餅)

小さめでやわらかな懸想餅には白の餅にはうぐいす餡、ピンクの餅には白漉し餡。
厄除けと縁結びにご利益があるとなれば年頃のお嬢さんへの土産へ、
独身男女なら、良縁を求めて買うが良し。600円。




京都の美味おとりよせ


本家西尾八ツ橋
和菓子・八ツ橋・懸想餅

京都市左京区聖護院西町7
電話075−761−0131 営業時間9〜17時(※季節により変更有り)




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都和菓子 本家西尾八ツ橋の取材記事ページです。