京都グルメ本【京都旅楽】

接待に良し 目の前の鉄板で焼き上げる老舗のステーキ ステーキみその
京都ランチ・ステーキハウス

ステーキみその
ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


ステーキハウスにお呼ばれし、向かったのは河原町通四条上ルの和民などが入ったTSCビルの5F。
なかなかふらりとは立ち寄りがたい立地である。エレベータの扉が開くと閑散としたようなフロアであった。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】 ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

そこにあったのは1945年(昭和20年)神戸発祥のステーキレストラン ステーキみその
京都店は1982年にOPEN。 それ以来足繁く通う常連の方も多いという。
先方が予約を入れてくれていたので、すぐに個室に案内される。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

テーブル席からは河原町の賑やかな風景が広がる。
たかだか5階であるが、これだけの開放感があるのは、京都の高さ制限のある町並みならではであろう。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】 ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

掘りこたつ式の椅子、テーブルは鉄板付きの者で、専門スタッフが目の前で焼いてくれるスタイル。
非常に心遣と品格を感じる話術は老舗ならではであろう。
7000円ほどのコース料理だそう。野菜サラダ。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

前菜はやわらかな牛肉をカルパッチョ風に玉葱をくるめていただく。
ほんのりとドレッシングの酸味があって箸がすすむ。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

まずは大量のガーリックチップが焼かれる。
「カリカリにして」主催者の注文が飛び、きつね色に焼かれていく。いい匂いだ。
同時にたまねぎ、かぼちゃ、しいたけ、いんげん、そしてステーキが焼かれていく。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】 ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

手際よく焼く姿と匂いをご馳走に話は弾み、ビールも焼酎もどんどん。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

かりかりのガーリックをつまみながらミディアムレアよりの牛肉を味わう。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】 ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

ごはん、味噌汁、香のものにお茶。

ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】 ステーキみその【京都ランチ・ディナー・ステーキ】

デザートの抹茶とメロンのシャーベットにて〆。一人1万円を軽く越えたようである。
席料、サービス料も付くので、個人ではなかなか足を運ぶことは難しそうだが、接待使いには良さそうだ。
外国人のお客さんも多く、喜んで店を後にすると言う。

尚、ランチタイムの営業もあり、ランチセットは1500円とこちらはリーズナブル。
まずはランチから試してみるのも良いかも。



京都の美味おとりよせ


ステーキみその京都店
鉄板焼きステーキ

ステーキ みその 京都店
京都市中京区河原町通蛸薬師下る奈良屋町300 T.S.Cタワー5F
電話075−255−2981 
営業時間11:30〜15:00(LO14:30)、17:00〜22:00(LO21:30) ※無休

ステーキみその 神戸店
兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目1−2  みそのビル7・8階
電話078−331−2890 
営業時間11:30〜14:30、金-日祝12:00〜14:30、17:00〜22:00 ※無休

ステーキみその 大阪店

大阪府大阪市北区曽根崎新地1−11−19  スタービル3階
電話06−6341−4471 
営業時間111:30〜14:30(LO13:30)、17:00〜22:00(LO21:30) ※日曜定休




京都関西グルメ本  (C) 2004-2013旅楽トラベル 京都ランチ・ステーキ ステーキみその京都店のステーキディナーの取材記事ページです。