京都グルメ本【京都旅楽】

亀屋陸奥息子さんが作るこだわりの和菓子「松風」 三木都
京都和菓子(松風)

三木都
みきと
三木都【京都和菓子・松風】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


松風と言う名の和菓子をご存知だろうか?
「わすれては 波の音かとおもふなり 枕にちかき 庭の松風」より名を頂いた和菓子である。
(その歴史については松屋藤兵衛の記事をご覧下さい)

三木都【京都和菓子・松風】 三木都【京都和菓子・松風】

あの亀屋陸奥息子さんが「松風」と「御供物」を作るために作ったという三木都(みきと)は、
観光客の方はあまり通ることの無いだろう新烏丸通のマンションの1階にある。
新烏丸通とは京料理の厚凛や平成の京町家イタリアンイル・ピアーノのある通りだ。
一瞬何の店かわからない。小さな松風と書かれたカンテラを目印に。

三木都【京都和菓子・松風】

中は店舗部分は家の玄関程度で、厨房がほとんどなのがわかる。
忙しそうに菓子作り最中の若い店主が「少しお待ちくださいね」と応対してくれる。
電話をして伺った方が良いかもしれない。特に多く頂く際は。

三木都【京都和菓子・松風】

松風をバラで頂く。

松風は、 砂糖、小麦粉、麦芽飴、白味噌、水のみの天然素材で作り上げる
自然発酵食品なのだそうだ。

長方形の松風しか知らなかったが、もともと 松風は直径45pの丸型で焼き上げ、
短冊状に切り分けていたものなのだそうだ。(説明より)。

それを三木都では食べやすい一人分サイズに。
箱入りもあるが、1つずつ上品にパッケージされているので、自宅用ならバラで頂くのもいい。

三木都【京都和菓子・松風】 三木都【京都和菓子・松風】

松風は2種類。芥子の実のみの松風は210円、黒豆が入ったものは260円。
もっちりねっとりとした食感、香ばしさを感じながらこの厚みの巧みさに唸る。
個人的に黒豆も是非食べてみてほしい。一粒がふくよかで幸せな気分になる。
ほうじ茶でいっぷく。素朴さを求めた店主の心意気に酔いながら。



京都の美味おとりよせ


三木都
和菓子・松風

京都市上京区新烏丸通丸太町上ル新烏丸頭町190 イストワール御所東
電話075−229−6326 営業時間11:00〜18:00 ※水曜定休




京都関西グルメ本  (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都和菓子・松風 三木都の松風の取材記事ページです。