京都グルメ本【京都旅楽】

荒神口 マルコ氏が作る本格的イタリアンランチが美味しすぎる ラ マノ ディ マルコ

京都ランチ・イタリアン

La Mno di Marco
ラ マーノ ディ マルコ

京都トイレなブログ

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


荒神口、パン屋 ボンボランテのすぐ近く、欧風料理まんじぇびゃんシェ・キクスイの斜向かいに
2012年3月20日、イタリア トリノ生まれのベリーノ・マルコ氏の
イタリアンレストラン ラ・マーノ・ディ・マルコ(La Mano di Marco)がOPEN。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

居酒屋の雰囲気そのままにイタリアン。木の看板には店名の通りマルコ氏の手が。


ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

決して広くない店内だが却って居心地は良いような気がする。
とても美しいスタッフが迎えてくれて、丁寧にメニューの説明をしてくれる。
メインの付かないランチ1500円をお願いした。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】


前菜から感動しっぱなしである。蕪のスープ、ロースとビーフには人参のソース。
京野菜をふんだんに使用しているそうだ。玉葱だろうかこちらのコクのあるあめ色のソースも抜群。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】
 ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

一口サイズのフランスパンが2つ。あまりに美味しいのでソースをすくって
綺麗に頂く。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

メインが無いとのことだが、パスタとリゾットの2皿が1500円のランチで楽しめる。
パスタ、リゾット共に2種類用意されているのがすごい。
パスタはトマトソースでまったりとチーズが絡んでいる細い麺。麺の名前は説明頂いたが失念。
今まで味わったことの無いような美味しさで唸った。女性ならここまででも満足かもしれない。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

更に白身魚とほうれん草のリゾット。鮮やかな緑色のリゾットの上にバルサミコソースが一の字に。
おなかはそこそこ一杯だったものの、一口一口頂くたび、加速度を増して旨くなる。
聞けばマルコ氏はリゾットがお得意なのだそうだ。こんなに旨いリゾットはやはり食べたことが無い。
バルサミコが時々いいアクセントになり、ペロリである。

ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】 ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

デザートも2種類から選ぶことができた。ブラマンジェとシャーベット。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

デザートもなんて良い味なのだろう。特にジェラートのマンゴ、レモン、カシスの爽やかさと言ったら。
飲み物は紅茶(アイスも可)。コーヒーは追加料金でお願いできる。

前菜からデザートまでのあまりの美味しさに感動し続けた。
これで1500円など信じられない安さだと思う。久しぶりに教えたくない店に出会った。
他のイタリアンに行く気がおきないほどだ。
スタッフとマルコ氏の笑顔も本当に気分がいい。今度はディナーも楽しんでみたい。



ラ・マーノ・ディ・マルコのランチ
情報を追加しました 2013.1



2013年、美味しいイタリアンランチで真っ先に思い浮かぶラ・マーノ・ディ・マルコへ。
予約無しで大丈夫かなと思ったが、幸運にも席があって、いつもの1500円ランチをお願いする。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

前菜。ムール貝のスープと蒸し鶏のバジルソース。添えられたハーブも美しく。
続けて運ばれたフォカッチャにソースを余すことなく頂いて。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】 ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

メインのパスタは茄子と豚肉のトマトパスタを。
相変わらず一口目より二口三口と食べ進めるほどに美味しくなる。
リゾットはきのことチーズ、かぼちゃをそれぞれチョイス。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

ほんのりと甘いかぼちゃのリゾットの真ん中に浮かんだ、
さっくりと炒められたベーコンが素晴らしいアクセントに。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

デザートはティラミスとマンゴシャーベット。それに紅茶がアイスかホットで。
大満足のランチコース。今年もマルコに通うのが楽しみである。



ラ・マーノ・ディ・マルコのランチ情報を追加しました
 2013.4



GW、ずっと食べたかった
ラ・マーノ・ディ・マルコへ。1500円のランチを。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

前菜。生ハムにバジルと野菜の色鮮やかなソースが。
はまちにはまるで絵のようなソースが添えられていて、これだけでマルコに来てよかったなと思う。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

本日のパスタ2種から鹿肉のトマトソースパスタ。
ずっしりした味わいだが、ほろりと味わいのある肉で美味しかった。きのこもたっぷり。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】 ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

リゾットは相変わらず見事。季節の蛍いかが入ったパプリカのリゾット。
さくさくとしたベーコンが乗せられた南瓜のリゾット。ここで頂いたら、他では食べられいほど美味しい。

ラ マーノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都ランチ・イタリアン】

デザートはブルーベリーのパンナコッタとマンゴジェラート。そして紅茶。
やっぱりマルコのイタリアンランチは素晴らしい。今日も大満足のランチであった。



京都の美味おとりよせ


La mano di marco
ラ・マノ・ディ・マルコ

ランチ・イタリアン

京都市上京区河原町通荒神口下る上州町214番
電話075-256-0005 電話6/1〜 075-744-1601 ※火曜定休
営業時間11:30〜15:00(LO14:00) 17:30〜22:30(LO21:30)



京都関西グルメ本 ラ マノ ディ マルコ(La Mano di Marco)【京都旅楽】ランチ・イタリアの取材記事ページです。
Copyright (C) 2004-2013旅楽トラベル