京都グルメ本【京都旅楽】

18時までランチOK!町家でのんびりランチ マホランルル
京都ランチ・カフェ

mahola'n'LuLu
マホランルル
マホランルル ランチ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


2010年、一体今年の暑さは何なのだろう。9月に入っても最高気温が35度をうろうろしているとは。
一番陽射しのきついランチタイム、ずらせるものならずらしてしまいたい。
しかしながら、運良くその野望が叶ったとしても、今度は空いている店が無い。

マホランルル ランチ 

そんな時に重宝な町家カフェを発見。六角富小路のマホランルル
確かMahola(マホラ)LULU(ルル)と言う店だったような気がしたが、合店したのだそうだ。
それで名前が マホラ ン ルル。どこかの銀行のようである(笑)。

マホランルル ランチ マホランルル ランチ

2階へどうぞと言われる。表から見た雰囲気と大分違う。

マホランルル ランチ

六角通に面した大きな窓から緑と陽射しが飛び込んでくる。
ソファもゆったりと幅が取ってあり、お一人様でも居心地は悪くない。

マホランルル ランチ

ただ、圧倒的に女性率が高いので、状況によっては男のおひとり様の居心地は微妙かもしれぬ。
壁に付けられた棚にはCDが並んでいる。窓際のカウンター席も含めてレトロ&チープな雰囲気。
それも又良しである。

マホランルル ランチ

確かハワイアンカフェだったような記憶があってロコモコランチ900円を注文。
驚く無かれ。マホランルルのランチタイムは12〜18時である。何と良心的な設定なのだろう。
これならば、ランチを食べそびれた日や早い夕飯にも使えてしまう。

セットのドリンクは選択肢が豊富。コーヒーや紅茶の他、ざくろやパインなどのジュースもある。
あまりに暑いので、眠りに落ちそうなブレインの目覚ましにアイスカフェオレをチョイス。

しばし後あつあつのロコモコがワンプレートにのってやって来た。
雑穀ごはんの上に目玉焼き、ハンバーグ、そしてグレイビーソース。
これは牛肉と野菜を半日かけて煮込んだ自家製ソースだそうで、コラーゲンが豊富なので女性に人気だとか。
デミグラスとも違ったちょっと和を感じるソースで少ししょっぱかった。
ロコモコとのことでもう少しフルーツの酸味があるかと思ったがそうではなかった。
ボリュームもあるのでなかなか良かったが個人的にはもう少しフルーティーな方が良かったか。

ちなみにソースはこのグレービーの他、タコス、ビーフシチュー、テリを選べる。
プレートにはポテト、オニオンリング、サラダが添えられていて、オニオンリングが美味しい。

この他、ランチは
マグロのユッケビビンバ丼、 タイ風ココナッツチキンカレー、
胚芽パンのオーブンサンド サラダプレートなどが用意されている。

ちょっと陽射しが和らいだ遅めのランチにおすすめだ。


また、夜も23LOまでOPEN。しっかり食べたい派にうれしいメニューが揃っている。
この話題は又後で。



京都の美味おとりよせ


mahola'n'LuLu
マホランルル

町家ランチ・カフェ
京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町88−1
電話075−255−3165  営業時間 12〜LO23時 ランチ〜18:00 ※無休



京都関西グルメ本 京都町家ランチ マホランルルのランチの紹介記事です。 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル