京都グルメ本【京都旅楽】

寄席も開催される芦屋小雁さんの和食店で頂くリーズナブル町家ランチ こがん亭

京都ランチ・定食

こがん亭

京都トイレなブログ
こがん亭【京都町家ランチ】

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


リストランテコヤマのほど近く、室町通に出ると、立派な町家に真っ白な可愛いカバのイラストの暖簾がかかっている。
こがん亭。こがん、こがん・・どこかで聞いたようなと思って入店すると「ちりとてちん」のポスターが張ってあり、
ああ、芦屋小雁さんだと気がついた。

そう言えば彼の店があるとTVか新聞かで聞いたことがあった。ここであったのだ。
2009年9月にOPENされたそうだ。

こがん亭【京都町家ランチ】 こがん亭【京都町家ランチ】

店内は綺麗で、奥にカウンター、入り口右手に大きなテーブル、左手に小さなテーブルが並んでいる。

こがん亭【京都町家ランチ】

店の真ん中辺りに2階へ上る階段があるが、上には座敷があり、
小雁さんがプロデュースした落語会が毎月開催されている。

こがん亭【京都町家ランチ】 こがん亭【京都町家ランチ】

ちょうど案内があったので、申し込もうと思ったのだが、落語の前食事組と後組があり、
申し込みたかった後組は既に予約で満席であった。残念。次回リベンジを誓う。

女性スタッフはとても気のつく方で、何度もお茶を注いで回ったり、
「やっと開いているときに来られたわ〜、いつ来てもしまっとるし」と
やっと来店できたと語るおひとり様のお婆ちゃんに 相槌を打っている。

本日のランチより「本日の焼き魚定食」と「ご飯がすすむ麻婆豆腐定食」を注文。
この他、ランチタイムには、和風野菜カレーやお造りなどの付いた贅沢こがん御膳1500円などが用意されている。

こがん亭【京都町家ランチ】

焼き魚は鮭、鯖、ホッケからホッケをオーダー。じゅうじゅうとやいている音が聞こえたので、
注文を受けてから焼いているようだ。麻婆豆腐よりいくらか時間がかかったが、
あつあつで柔らかく、御飯も美味しいものでどんどん箸がすすんだ。
小鉢、サラダ、漬物、味噌汁が付いて780円。

こがん亭【京都町家ランチ】

麻婆豆腐は肉がたっぷりで、かなり味が濃く、本当に御飯がすすむものだった。
こちらも、ごはん、
小鉢、サラダ、漬物、味噌汁が付いて780円。

おばあちゃん、サラリーマン、男同士のグループなど実に様々な人が訪れていた。
おけいこ帰りのご婦人達のちょっと恐ろしい話をBGMにゆっくり楽しめた。
スタッフの感じが良いのでカウンターも良さそうだ。時折小雁さんも顔を出すとか。

唯一気になるのはカウンターや相席テーブルでの喫煙だが、
芸能人の方は喫煙者がまだまだ多いから、店が禁煙になるのは難しいだろう。
逆に喫煙者は気兼ねなく吸えるので、貴重な一軒かもしれない。
夜はおばんざいや肉料理などが楽しめるそうだ。



こがん亭のランチ情報を追加しました




休日のランチタイム こがん亭は賑やかであった。

こがん亭【京都ランチ】 こがん亭【京都ランチ】

テーブル席はグループでいっぱい、カウンターもほぼ埋まっていたが、運よく座ることができた。
日替わりランチと本日の焼き魚定食より鯖をチョイス。

こがん亭【京都ランチ】 こがん亭【京都ランチ】

たぶん注文を受けてから焼くのであろう。魚定食はいつも後でやってくる。
今日は水菜のたいたんとキャベツサラダ、鯖にはれんこんといんげんが添えてある。
多めのごはんに吸い物に漬物。単身赴任のお父さんに喜ばれそうなメニューである。

こがん亭【京都ランチ】

日替わりは豚肉の香草焼。
ソースを使用しようかと思ったが、十分な味付けがされており、このままで美味しかった。
薄い豚肉にかりかりした衣が抜群。ボリュームもたっぷりなので男のランチにもおすすめ。

予定がグループでの食事も多いようなので、予定が決まっている方は予約するのが良いかも。



京都の美味おとりよせ


こがん亭
ランチ・和食

京都市上京区室町通今出川下ル北小路室町399
電話075−432−2422 営業時間11〜14時、17時30分〜23時30分



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 京都ランチ・和食 こがん亭