京都グルメ本【京都旅楽】

町家で味わう京都生まれのとんかつ かつくら三条本店
京都ランチ・名代とんかつ

かつくら三条本店
かつくら三条本店
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


京都でとんかつと言えばかつくらがすぐ頭に浮かぶ。そのかつくらの本店がこの三条店。

かつくら三条本店 かつくら三条本店

華やかな三条通に出されているメニューサンプルを見逃さぬよう。
入り口はすぐ横の狭い路地になっている。

かつくら三条本店

石畳を渡り店へ到着。

かつくら三条本店 かつくら三条本店

相席の大テーブルと基本2人がけのテーブル。
相席ではあるが、大テーブルの方が何となく窮屈さは無い。
2人がけのテーブルは上にのるものが多いので、どうもゆとりが無く居心地がイマイチだ。

かつくら三条本店 かつくら三条本店

でも、今回は2人がけのテーブルへ。と、いうのもこの前大テーブルに座ったのだが、
空調直撃で具合が悪くなってしまったからである。なんとなく本店とは相性が悪い。

今日のお目当てはかつくらの錦秋メニュー。松茸の入ったメニューが用意されているのだ。
松茸と鱧の生湯葉コロッケとヒレかつ膳と季節野菜とおばんざいの湯葉巻ヒレかつ膳を注文。


かつくら三条本店

まずは白胡麻を擦りながら待つ。これに甘めのソースを合わせると極上。
ヒレかつをつけていただく。生湯葉コロッケの方は少し破裂気味だが、そこはご愛嬌。
さっくりと軽い衣の食感、ごろっとした具の頃合もいい。
コロッケ用にかぼす塩としょうゆだれが用意されていたが、かぼす塩がとても良く合っていた。

かつくら三条本店 かつくら三条本店

おひつに入った
麦めし、具沢山の赤だし、キャベツ、漬物はお替り自由。
美味しくていくらでも箸が進む。あとは少しこのテーブルが広いといいなと思うのは小生だけであろうか。

兎にも角にもシーズンでもオフシーズンでも変らぬプライスもサービスも嬉しい。
観光でお越しの方、リーズナブルで美味しい夕食が食べられるかつくら、覚えておかれてはどうだろう。
ランチは財布にやさしい店が多いが夕食となるとなかなか難しいから。




京都の美味おとりよせ


かつくら
ランチ・とんかつ
かつくら三条本店
所在地 京都市中京区河原町通三条西入ル
電話 075-212-3581  営業時間 平日・日 11:00〜21:30 土 11:00〜22:00 ※無休

かつくら東洞院店
所在地 京都市中京区東洞院通四条上ル
電話 075-221-4191  営業時間 11:00〜22:00 ※無休

かつくら四条寺町店
所在地 京都市中京区寺町通四条上ル
電話075-221-5261 営業時間 11:00〜22:00 ※無休

かつくら伏見桃山店
京都市伏見区新町4丁目451-1 マスジビル2F
電話 075-604-1241  営業時間 11:00〜21:30 ※無休

かつくら京都駅ビル店
京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビルThe Cube11F
電話 075-365-8666  営業時間 11:00〜22:00 ※テナントビルの休日



京都関西グルメ本 京都とんかつ かつくら三条本店の定食の紹介記事です。 Copyright (C) 2004-2011 旅楽トラベル