京都グルメ本【京都旅楽】

すだちのかき氷にあんみつ、パフェ 甘味好きにはたまらない茶房 いせはん 

京都パフェ・甘味

茶房いせはん

京都トイレなブログ

茶房いせはん
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


今出川・出町柳エリアには魅力的な甘味処が多く点在する。お持ち帰り専門 豆餅で有名な出町ふたば
あんみつが人気のみつばち、そしてパフェからかき氷まで揃ったいせはんである。

茶房いせはん 茶房いせはん

いせはんでは特にあんみつが有名だが、暑いとくればかき氷である。

茶房いせはん

さっぱりとした大人味のかき氷はすだち 600円。
爽やかなすだちの果汁が喉の渇きを一気に癒す。
このすだちは徳島産のもので、白蜜で割ってあるそうだ。
トッピングでソフトクリームを追加。
たった100円でこのまま頂いても美味しいソフトクリームが味わえるのはものすごく嬉しい。

茶房いせはん

スタンダードかき氷宇治は500円。

茶房いせはん

甘さ控えめの濃い抹茶蜜。この濃厚さとソフトクリームのマリアージュはなかなかのもの。
淡雪のような古の花の氷とは異なりちょっと粗めではあるが、全体のバランスや
トッピングで白玉や金時などあれこれ好きなものを選びオリジナルのかき氷を楽しめるのもいい。



いせはんの粟餅ぜんざいとクリームあんみつの情報を追加しました。2011.1



雪の多い2011年となった。昨年の暑い夏の反動だろか。
エル・ニーニョ現象で世界規模で気候変動が起きているとニュースで解説していたが・・。

冷たい風の中を歩いていると、ほっと温かくて甘いものが欲しくなる。ということで茶房いせはんへ。

茶房いせはん【京都甘味】

おや、と思う。店内には誰も居ない。珍しいこともあるものだ。
あまりに外が寒すぎるのだろう。

茶房いせはん【京都甘味】

粟餅ぜんざい650円と何故かしら寒いのにクリームあんみつが食べたくなり注文。
いせはんのあんみつはとても美味なのだ。

茶房いせはん【京都甘味】

通称あわぜん。香ばしい餅の香りが店内に広がる。あつあつのしるこにプチとした食感が楽しい餅。
身体が温まる。この後次々と客がやって来たのだが、皆あわぜんであった。

茶房いせはん【京都甘味】

寒いのに頼まずにはいられないクリームぜんざい。このつややかで立派な小豆を見よ。
それがころころと積み重なっているのだから小豆好きにはたまらない。
大粒の京都府産丹波大納だそうだ。

そしてこれだけ味わっても十分に絶品な牧場で味わうようなソフトクリーム。
甘さ控えめほんのりした苦さが他の甘味を引き立てる抹茶ゼリー。
ふるるとして、流れるような口どけ、この三位一体素晴らしい。600円也。



京都の美味おとりよせ


茶房いせはん
甘味・かき氷

京都市上京区青龍町242
電話075−231−5422  営業時間 11〜19時(LO18:30) ※火曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都甘味 いせはんの取材記事ページです。