京都グルメ本【京都旅楽】

和の庭を楽しみながら極上の和菓子やできたてわらび餅を頂く贅沢 茶寮 宝泉
京都和菓子・甘味

茶寮 宝泉

京都トイレなブログ
茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


下鴨神社近く、隠れ家のように佇む美しい門に紺色の暖簾が揺れている。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】 茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

石畳を歩けばそれはそれは見事な庭が見える。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

宝泉(ほうせん)。休日は待ち客で溢れる人気の茶寮である。
左手の方には和菓子の販売スペースがあるが、JR京都駅新幹線へのフロアでも購入できる。
こちらにも茶寮があるのだが、出発客に人気だそう。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】 茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

この日はおやつ時間には少し早かった。珍しく待たずに中へ案内される。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

靴を脱いで畳の廊下を歩く。 いずれの席も美しい庭を存分に眺められるようになっている。
二人がけのテーブルは横に並ぶようになっているのだ。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】 茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

京番茶に名物の しぼり豆丹波黒大寿が添えられている。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

これはよくおもたせに利用するが、
少ししゃりりとした食感も、ふわりとした上品な豆のふくよかさも抜群なのだ。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

桜の季節も終盤ともなれば初夏を感じさせるような陽気。
冷抹茶セット1050円をお願いする。

すれば出される春の和菓子の数々。ここから1つを選ぶのだ。
春が凝縮されたような大皿を前にしばし悩む。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

うぐいす餡が桜色にくるまれた小袖を選んだ。全く甘さの無い冷たい抹茶と。
大人で良かったと思うひととき。ここでは、時がゆっくりと流れていく。

\茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

連れはわらび餅950円を。つくりたてを持ってきてくれるので15分ほどかかる。
ぷるりと喉を潤すようなまるで水玉のような美しいわらび餅。好みで黒蜜をかけて頂く。

茶寮 宝泉【京都和菓子・甘味】

小鳥が庭園で遊んでいる。宝泉での一服は、しばしの別世界へ誘ってくれる。

大人のための贅沢な空間だ。



京都の美味おとりよせ


宝泉
和菓子・甘味

宝泉 JR新幹線京都駅店 (宝泉堂)
京都市下京区東塩小路高倉町8−3 JR京都駅 新幹線構内2階
電話075−693−9103 営業時間8〜21時 茶寮10〜20時 ※無休


宝泉
京都市左京区下鴨西高木町25
電話075−712−1270 
営業時間10〜17時 ※水曜定休(祝日の場合営業、翌日休)、年末年始
 ※水曜定休(祝日の場合営業




京都関西グルメ本  (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都喫茶・甘味・和菓子 茶寮宝泉 和菓子・わらび餅の取材記事ページです。