京都グルメ本【京都旅楽】

先斗町の大人が似合う隠れ家美味イタリアン トラットリア ラ カヴァリーナ



京都ランチ・イタリアン


Trattoria La Cavallina
トラットリア ラ カヴァリーナ


京都トイレなブログ

トラットリア ラ カヴァリーナ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


トラットリア ラ カヴァリーナは舞妓さんが行き交う先斗町のしっとりとした石畳の中にある隠れ家イタリアン。

トラットリア ラ カヴァリーナ

四条から三条方面に上がれば左側。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

上を向いて歩こう。茶色に白抜きの看板が見えたら、その建物の2階である。


トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

入り口にはクセのある文字でかかれたメニュー。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

今日は当日予約でランチにお邪魔できたが、10席ちょっとしかないので予約はした方が良い。

トラットリア ラ カヴァリーナ

特に4人がけのテーブル席は1つしかないので、グループや家族連れの方は忘れずに。
この日もかなりの飛び込み客がやって来ては、断わられ又は電話連絡を待つ状態であった。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

まずはビールで乾杯。しかしながら、飲む量に女性は気をつけるべし。
1種類だけのランチ1600円はとんでもないボリュームなのである。

まずは自家製のパン。5種類ほどが切り分けられて供されるのだが、
これが美味しくてついつい食べてしまう。そうすると後で泣くことになる。

トラットリア ラ カヴァリーナ

この前菜を見て驚く無かれ。
おくら、あじのマリネ、ひよこ豆の煮物、焼き茄子など野菜を中心にした料理が10種類ほども。
ちなみにこの大皿は一人前である。
女性ならメインを待たずしてこの前菜とパンだけで十分なボリュームだ。

トラットリア ラ カヴァリーナ

その上、ビールでもワインでもどんどんすすむ内容なのだ。罪深い。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

メインはリゾットやスパゲティなど5種類ほど用意されており、黒板から選ぶ。

この日は帆立とトレヴィスのにんにく風味スパゲティと生ハムとグリンピースとコーンのクリームスパゲティをチョイス。
二人で1つでも良いくらい。最後まで美味しく頂くのは難儀な位。

とうとう 美味しいパンが食べられなくなって、テイクアウトをお願いしたら、快く包んでくれた(感謝)。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

なんとこの上、ドルチェにカプチーノなどのドリンクまで付くのである。
本日のデザートはバニラアイスクリームにカットフルーツとケーキ、キャラメールソース添えのしっかりしたもの。
別腹なので美味しく頂く。カップはデザインが素敵で、各々異なっていた。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

連れは紅茶を注文。この落ち着いた雰囲気の先斗町でこれだけの料理を出すとは驚くべきCPである。
聞けばオーナーシェフの沖田さんはアフリカの日本大使館でシェフをされていたそうだ。
よくぞ日本に戻ってきてくれたと思う。

トラットリア ラ カヴァリーナ トラットリア ラ カヴァリーナ

ボリュームは若者向けにも思うがカウンターの雰囲気は大人が良く似合う。
これ以上予約が取りにくくなるのが嫌なので秘密にしておきたい トラトリア ラ カヴァリーナである。



余談 だが2009年秋に2店目 ラットンゾーロドーロがOPENした。
こちらはより通いやすいので、ちょくちょくお邪魔している。この話題はまた後で。


≫ラットンゾーロドーロ取材記事

京都府京都市下京区因幡堂町717 電話075−352−7555 





●京都のおいしいもの


トラットリア ラ カヴァリーナ
Trattoria La Cavallina
イタリアン

京都市中京区先斗町三条下ル材木町188 2F
電話075−211−6530 営業時間 12:00〜14:00(L.O)、17:30〜23:00(L.O) ※水曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都美味イタリアン&ランチ ラットリア ラ カヴァリーナの取材記事です。