京都グルメ本【京都旅楽】

クセになる食感フランスブルターニュ地方のがレットとクレープの小さなお店 ギャルソンクレープ

京都クレープ・カフェ

ギャルソンクレープ

ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


柳小路、OPAのほど近く、洋食の店辰五郎の前にある小さなかわいいクレープ店 ギャルソンクレープ

ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】 
ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】

魚釣りの青年の看板が結構目立っている。
フランスブルターニュ地方のがレットとクレープのお店と書かれている。

ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】

店内はカウンターのみ5席。奥に行くと先に出られないくらいの狭さ。
店主がクレープを焼いていると2階からお父さんが降りてきて「いらっしゃいませ」と。
お二人の雰囲気が和やかで良く似ていらっしゃる。

ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】

1番人気だと言うブルターニュ風塩バターキャラメル530円とカシューナッツとヌテラチョコソース580円を注文。
ガラスの大皿にどんとそっけないクレープがのっている。
えらいシンプルだなと思って一口運ぶと、表面のキャラメルゼされた香ばしい食感、
重ね合わせた生地のもちもち感とバターの芳醇な風味。今まで味わったことの無い美味しさ。

カシューナッツは香ばしく、まったりとしたヌテラチョコソースも良かったが、
シンプルな塩バターキャラメルの方が存分にクレープの美味しさを味わえるような気がした。

尚、クレープは100円プラスでアイスクリームのトッピングもできる。

ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】 ギャルソンクレープ【京都クレープ・カフェ】

トロピカルジュースは350円。ワインやビールと一緒に楽しめば大人風。
こんな隠れ家のような美味しいク レープがあるとは。
店内は狭いのでお世辞にも居心地が良いとは言えないが、この味忘れがたし。
狭いのが苦手な方は、テイクアウトもできる。



京都の美味おとりよせ


ギャルソン クレープ
Creperie GARCON

クレープ・カフェ
京都市中京区新京極通四条上ル東入ル中之町578−3
電話075−255−4618 営業時間13〜21時(LO20時) ※木曜定休


京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】京都クレープカフェ ギャルソンクレープ Creperie GARCON
の取材記事です