京都グルメ本【京都旅楽】

銀閣寺・哲学の道のほど近く
にとても美味しい洋食店有り ふろうえん

京都ランチ・洋食

ふろうえん

京都トイレなブログ

ふろうえん【京都ランチ・洋食】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる

銀閣寺・哲学の道のほど近くに、立派な店構えの老舗洋食店がある ふろうえん
かつてここは旅館「不老園」 であった。その風情を残したまま洋食店にされた。

ふろうえん【京都ランチ・洋食】 ふろうえん【京都ランチ・洋食】

少しわかりにくい場所にあるにも関わらず、シーズンともなると早々に売り切れ、閉店してしまう。
故に桜・紅葉の季節は、開店前に行くのをおすすめする。

ふろうえん【京都ランチ・洋食】

奥の小上がりの座敷には掘りこたつテーブル。ガラス障子からは坪庭が覗いている。
哲学の道や銀閣寺参道の喧騒が嘘のように静かである。


ふろうえん【京都ランチ・洋食】 ふろうえん【京都ランチ・洋食】

半個室風のテーブル席がいくつか。
今日は珍しく空いていたので、より静かに、まるでタイムトリップしたかのように時が流れていく。
遠くで鳥の鳴き声がする。

ふろうえん【京都ランチ・洋食】

ハンバーグ定食1400円を注文。
ふろうえんの食事は、手作りで出来上がるまでしばし時間がかかるので、急ぎの方はやめた方がいい。
その間もにこやかにおばちゃんがお茶を淹れに来てくれる。心が癒されるようだ。

15分ほど待つと、運ばれてきた。厚みのあるあつあつのハンバーグはふんわりと女性的でやさしく、
しっかりと味付けされたデミグラスソースと共に口の中に広がる。

ふろうえん【京都ランチ・洋食】 ふろうえん【京都ランチ・洋食】

添えられているさつまいも、いんげん、にんじん。色鮮やかでどれも美味しい。
特筆すべきはメインばかりでは無い。小鉢に少しずつ沢山の惣菜。これだけを見ると和食の洋でもある。
この惣菜が大そう旨いのである。

ふろうえん【京都ランチ・洋食】

うなぎと胡瓜酢、グリーンサラダ、甘くて思わず頬が緩むポテトサラダ、茄子の煮物とほうれん草の胡麻和え。
連れが頼んだクリームコロッケにも同じくセットされている。
ごはん、出汁の良い香りだけで幸せになる味噌汁、心から満足である。

シーズンはなかなか混雑がひどく来られないと思うが、また落ち着いた頃、訪れたいと思う。
最近長く愛されてきた名店がお年で閉店されることが多く悲しく思っている。
願わくは長く長く続いてくれることを。




京都の美味おとりよせ


不老園 ふろうえん
ランチ・洋食

京都市左京区浄土寺石橋町30−1
電話075−771−1276 営業時間12:00〜13:30(LO) 17:30〜21:30(LO) ※火曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都ランチ・洋食 ふろうえんの取材記事ページです。