京都グルメ本【京都旅楽】

野菜をふんだんに利用したフランス料理を心配りのきいた美しい町家で味わう エピス epice
京都ランチ・町家フレンチ

epice
エピス

京都トイレなブログ
エピス【京都ランチ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


寺町通今出川下ル。観光地ともいえないこの御所東にある小さな町家フレンチ エピス(epice)
オレンジがかった赤の暖簾の中で鯛を釣ったえびすさんが微笑んでいるめでたき店。

エピス【京都ランチ】

予約が無いと断られることも多い人気店はいつも女性で賑やかだ。
と、分かっていながらもふらりと暖簾をくぐると、運良くカウンター席が大丈夫であった。
靴を脱がずにそのまま店内へ。

エピス【京都ランチ】 エピス【京都ランチ】

本日のおすすめの赤ワインと2200円のランチコースを。
カウンターの前では手際よくスタッフが働いていて、気持ちがいい。

エピス【京都ランチ】 エピス【京都ランチ】

東側の格子からは穏やかな日差しが差し込んでいる。西には美しい坪庭。
上を見上げればバックライトに欄間が美しい。後ろの引き戸にはコートが納められている。

スプーン、フォークはテーブルの引き出しの中に色々な種類が収められており、
料理提供と共にきちんと説明をしてくれる。
これだけ種類があると非常に使いやすい事に気づく。

エピス【京都ランチ】

町家の持つ美しさをそのまま上手に作り上げた店内は、友人や彼女を案内するのにも良いと思うのだが、
不思議な事にこの日は女性のグループばかりで少し意外な気がした。

エピス【京都ランチ】

オードブルを見てなるほどと思った。身元のしっかりした野菜をふんだんに利用している。
野菜のミルフィーユ仕立て、かぼちゃのクリーム、生ハムサラダ、スイーツのような人参のムース。
繊細で丁寧な料理。プチプチサイズのマイクロトマトの甘さとかわいらしさよ。

エピス【京都ランチ】 エピス【京都ランチ】

前菜と一緒にフランスパンにバター。
今日のスープはカリフラワー。言われなければわからない。まろやかで喉越しがいい。
三角の器は冷めにくいようにとのことだ。

エピス【京都ランチ】

シェフの本日のおすすめ料理(メイン)は岐阜の養老豚のきのこや野菜のクリームソース。
これだけ厚さのある豚をローストしたものだが、こんなにやわらかく、とろける様な食感に驚いた。
人参やブロッコリーなどの野菜が添えられている。

エピス【京都ランチ】 エピス【京都ランチ】

食後の飲み物には紅茶とコーヒーを。紅茶はガラスポットで供された。
もう少し余韻を味わいたくてデザートを300円追加でお願いした。

エピス【京都ランチ】

フォンダンショコラと自家製の。みかんとバジルだったろうか。ソースがアクセントを添えてくれた。
会計の後丁寧に見送られて店を後にする。

会計票を見れば手書きで
「本日は誠にありがとうございます。またのご来店、心よりお待ちいたしております epice」と。


人気店の秘密をみたような気がした。

エピスは全席禁煙です。京都禁煙の店一覧≫



おとりよせ京都の美味おとりよせ


エピス epice
町家フランス料理
京都市上京区寺町通今出川下ル真如堂前町105
電話075−222−2220 営業時間11:30〜14:30(LO)、17:30〜21:00(LO) ※水曜定休



京都関西グルメ本 京都ランチ&カフェ エピス epiceの紹介記事です。 Copyright (C) 2004-2011 旅楽【たびたの】 編集部