京都グルメ本【京都旅楽】

清水寺近くのマグロが美味しい教えたくない隠れ家食堂 エンドウ



京都ランチ・和食


食堂エンドウ


京都トイレなブログ

食堂エンドウ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


清水寺に向かい、産寧坂(三年坂)を上る手前左側に見える看板の矢印に導かれると。

食堂エンドウ 食堂エンドウ

そこは完全なる住宅地への路地になる。

食堂エンドウ 食堂エンドウ

そこに真っ赤な壁に木の扉、揺れる暖簾をみつけたらそこがエンドウである。

食堂エンドウ

赤ちゃん連れの方は残念ながら入店できないが、それ以外の方は臆せずどうぞ。

食堂エンドウ

靴を脱いで上がる。手前にはテーブル席。奥がちょと段を上がってカウンター席。
ご自宅を改装された小さな店内なのでドアを開ければ、
奥様の「テーブルへ、カウンターへどうぞ」と案内の声がかかるので大丈夫。

圧倒的に場所柄かシーズンは恐る恐る入ってくるグループが多いが、
それさえ気にならなければお一人様でもカウンターは居心地が良い。

食堂エンドウ 食堂エンドウ

まずは、アルミ急須で出される番茶がどこか懐かしくほっとさせてくれる。
そして、エンドウではとびきり美味しいマグロ料理が頂けるのだ。

マグロ丼800円〜と清水寺周辺ではかなりリーズナブル。
今日はやみつきマグロ丼とマグロかつ定食を注文。いずれも1000円ちょっと。

食堂エンドウ

まさにドーンというのがふさわしい。
真っ赤なのは辛くない辛子。マグロのやわらかで厚いブツ切りがご飯が見えなくなるほどのせられている。
その下には青ネギや紫蘇が彩りと香りを添えている。
ここは海辺の町ではないのにこの新鮮さ、この美味しさ、このリーズナブルさは何故なんだろうと思ってしまう。
これに出汁が丁寧にとられた美味しい味噌汁、浅漬けがつく。


食堂エンドウ

注文が入ってからご主人がじゅわじゅわと揚げてくれるまぐろのカツ。なんと5個もある。
これにたまごたっぷりタルタルソースをつけて頂くのだ。
ごはん、味噌汁、浅漬け。旨いなあ。
あまりに旨いので全メニューを食べてみたいと思っている。
それ故あまり教えたくない。読者の方、どうぞエンドウをご内密に(笑)。




京都の美味おとりよせ


食堂エンドウ
まぐろ料理・和食

京都市東山区清水2丁目(産年坂石段下左折)
営業時間 11時30分〜15時 ※不定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2013旅楽トラベル 京都ランチ 食堂エンドウ