京都グルメ本【京都旅楽】

京漬物・味噌の老舗 田辺宗の美味がつまった和食を洒落た空間で 葵匠
京都ランチ・和食

葵匠

京都トイレなブログ
葵匠【京都ランチ】

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


出町枡形商店街のほど近く。出町通に面した京漬物・味噌の 田辺宗
その脇の路地のような店内通路を行くと、
蔵跡を改装したという旬彩ダイニング 葵匠がある。

葵匠【京都ランチ】 葵匠【京都ランチ】

休日は、席が空いているから大丈夫と言うことは少なく、
予約や注文などが既に多く入っていて「時間がかかる」と言われる事が多い。

葵匠【京都ランチ】 葵匠【京都ランチ】

先日など大テーブルの席自体はあったものの提供までに1時間かかるとのことで引き返す客を見た。

葵匠【京都ランチ】

訪れるなら、忙しい時間帯を外しての予約をしておいた方が良い。
応対が決して悪いわけではないが、カウンター近くの席だと聞いてはならぬ声を聞く事があるから。

テーブル席、カウンター席、個室、相席用の大テーブルがあるが、
あまりカウンター席は使われていないようだ。
非常にスタイリッシュでありながら、世代を問わないような落ち着いた雰囲気の店内。

葵匠【京都ランチ】 葵匠【京都ランチ】

カウンター越しに料理を作るご主人らの姿が見える。ランチタイムはとても忙しそうである。
隣に座った老夫婦が「二人しかいないんじゃない?」と心配していた。

さて、 辺宗お漬物寿司御膳 1200円と味噌漬け御膳1050円を注文。
時間がかかると言われたが思ったより早かった。茶碗蒸しには刻みうなぎ。

葵匠【京都ランチ】

さすが田辺宗の魚味噌漬け。これだけで御飯が数杯食べられそうだ。
ふっくらとした白身に味噌の味がしみ込んでいる。
青菜のおひたし、赤だし、漬物に茶碗蒸し。御飯をもっと頂きたいが追加料金になる。
このままだとかなりヘルシーなランチだ。
なるほど見渡せばご年配の方が多いし、おばあさんが一人で食べられていたりする。

葵匠【京都ランチ】

漬物寿司7種に海老寿司1貫。漬物は味見にもなる。気に入ったらそのまま漬物売り場で購入できる。
ああ、どれも旨い。小さいのでいくらでも食べられそうだ。これに天麩羅、赤だし、茶碗蒸しが付く。

美味しい葵匠のランチは食べ盛りの若者には向かないと思うので、ご年配の方にお勧めしたい。
観光でお越しの方、ご予定がお決まりの方は是非予約を。
時間がある方は、長時間待ちを覚悟なら飛込みでも良いだろう。



京都の美味おとりよせ


旬彩ダイニング 葵匠
和食
京都市上京区出町通桝形上ル青龍町218
電話075−213−3559 営業時間11:30〜15:00、17:00〜22:00 ※無休

京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル【たびたの】京都ランチ 旬彩ダイニング 葵匠の取材記事です。