ズーセスヴェゲトゥス【京都グルメ本】バウムクーヘン

京都グルメ本【京都旅楽】

量り売りのバウムクーヘンが人気 町家焼菓子&惣菜の店 ズーセスヴェゲトゥス

美味しいもの 京都

Suβes Vegetus
ズーセス ヴェゲトゥス
 

バウムクーヘン・焼菓子と野菜惣菜
ズーセスヴェゲトゥス
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


2007年
8月13日にOPENしたバウムクーヘン野菜惣菜の店ズーセズヴェゲトゥス
一度では覚えられないこの名前だが、英語で言えば、Sweet Vegitable 甘い野菜とでも訳せば良いだろうか。
できる限り安全な素材を使用したキッシュなどの惣菜、そしてバウムクーヘンが人気の店である。
オーナーは薬剤師であり、ドイツ菓子マイスターでもあり、安全で安心な身体に良いものに拘っておられるそうだ。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス


久我神社のすぐそばであるが、観光客の方にはちょっと縁遠い立地かもしれない。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス


また数件のお宅が連なった、所謂町家の店舗なので気づかず通りすぎてしまうかもしれないのでご注意を。
小さなバウムクーヘン型の看板を目印に。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

又、専用の駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキングを利用することとなる。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

ドアを開ければ高い天井と坪庭から日差しが差し込み明るい店内。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

右手のガラス窓を除けばバウムクーヘンを焼いている様子が見える。
スタッフが優しい笑顔で「いらっしゃいませ」と声をかけてくれる。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

奥には小さな丸テーブルと椅子があり、2名だけだが、座って待てるようになっている。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス
 バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

見渡せばスタッフのやさしい気持ちが現れているようなかわいらしい小物達が。
季節のバウムクーヘンはグレープフルーツだが、昼前なのに売切れてしまって無いらしい。残念。


バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

関西TVよーいドン!などで紹介されて以来、閉店時間を待たずして完売してしまう事もあるらしい。
この日はプレーンと抹茶のバウムクーヘンとキッシュなどの惣菜があったが、
バウムクーヘンだけを頂くことにした。抹茶は変色しないよう覆いで遮光されている。


バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

面白いのは、バウムクーヘンは量り売りであると言うこと。
100グラム500円ほど。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

横の丸い焼印がかわいい。小さめの円形で、1つを二人で半分すると丁度良い分量。
もちもちする固めの食感で抹茶の風味もしっかりと感じられる。
材料を見たらマジパンやレモンなども加えられている。

バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス バウムクーヘンと野菜惣菜の店ズーセスヴェゲトゥス

こちらも茶瓶のような風貌をしたプレーンのバウムクーヘン。
同じくマジパンなどの他にキルシュヴァッサ(蒸留酒の一種)が加えられており、
バニラの風味と共に深みを感じさせる味わい。しっかりとしっとりとしている。
頂いた時は丁度焼きあがったばかりで、「スタッフの方に2,3日置いて食べると、
より熟成されて美味しくなりますよ」と声を変えて頂いたので、そのようにして口に入れた。

なかなか頻繁には伺えない立地と1日に作られる数が限られていて取り置きも難しいとの事で、
遠方の方にはおすすめするのは少しためらわれるのだが、余裕があれば是非。



おとりよせ●京都の美味しいもの

美味しいバウムクーヘンのおとりよせ。


●SmaSTATION!登場バウムクーヘン ●しっと〜り!バームクーヘン ●京都宇治抹茶バウムクーヘン ●芦屋シュターン

|  旅楽トラベルTOPへ | 京都美味店 | 京都の良い宿 |  京都おとりよせ  |  京都目的別もくじへ  |  京都関西グルメ本1巻 | 

ズーセズヴェゲトゥス
ドイツ焼き菓子と野菜惣菜

京都市北区紫竹下竹殿町16
電話075−634−5908 営業時間11:00−19:00 ※水不定休・木曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル【たびたの】京都バウムクーヘン ズーセスヴェゲトゥスのレポートです。