京都グルメ本【京都旅楽】

大汗をかきながら頂く絶品四川料理ランチ&ディナー 北白川の名店 駱駝 ラクダ
京都ランチ・四川料理

駱駝 ラクダ

京都トイレなブログ
駱駝 ラクダ ランチ 
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


はじめに言っておく。

付き合いはじめのお嬢さん、彼氏と行くこと無かれ。何故なら激しくメイクが崩れるからである。
付き合いはじめのお坊ちゃん、彼女と行くこと無かれ。何故ならびしょびしょのTシャツ状態になるからである。
付き合いの長い、彼氏、彼女張り切って行くべし。その店の名は駱駝(らくだ)

駱駝 ラクダ ランチ 駱駝 ラクダ ランチ

今をトキメク京都造形芸術大学の門を少し下がったところにある。
余談だが当方は京都造形芸術大学の学生の作品発表の場をいくつか見てきているのだが、
彼らの才能には本当に感心する。もし、学生の方がこの稚サイトをご覧頂いているなら声を大にして言いたい。
「あなた方の才能は素晴らしい!頑張って、芸術家として大成してください」と。

駱駝 ラクダ ランチ らくだ

話は戻って、駱駝は北白川の高級住宅街の中にある喫茶店のようなかわいらしい概観をしている。
言われてみれば中華店らしいぼんぼりが下げられているが、一見は何の店かが分からない。
しかしながら人気なので人で溢れている時もあり、見つけるのはさほど難しいことではない。

駱駝 ラクダ ランチ

10分ほど待って、近所のご婦人2名と入れ替わりでカウンター席へ。
窓際には大テーブルもあるが、調理場の活気が伝わってくるカウンター席はとても良い感じである。
屋台のような雰囲気でもある

駱駝 ラクダ ランチ 駱駝 ラクダ ランチ

上を見上げれば駱駝の切り抜き板があってしゃれている。あつあつのジャスミンティーはポットで。
暑い中自転車でやって来たが、熱い茶を飲んで余計に汗をかく。これはこれで健康的だ。

駱駝 ラクダ ランチ

箸置きはもちろん駱駝である。茶の器もかわいい。サービスランチ1000円を2つお願いする。

駱駝 ラクダ ランチ

まずはスープとザーサイ。とろとろとした卵スープを頂き、また汗をかく。

駱駝 ラクダ ランチ 駱駝 ラクダ ランチ

210円追加で水餃子(2個)も注文。むっちりとした食感の厚手の皮に独自のスパイスを絡めた肉。
ボリュームもあって、美味しい。特にこの皮の食感がいい。

駱駝 ラクダ ランチ

相方のメインは麻婆豆腐。 四川山椒と唐辛子がものすごい利いている。
ぴりっと爽やか。そして大汗である。味は濃い目なのでごはんが減る減る。
ひとすくいでごはん1膳食べられそうである。クセになる。

駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】

当方のメインは茄子の辛み炒め。豪快にカットされた茄子揚げがごろごろ。
やけどしそうであるが、茄子を噛めばじゅっと甘みのある汁が口に流れる。
そして辛くて汗をかく。地獄のような旨さである。これもご飯減らしの1品。

この他この日のランチは日替わり 豚肉と苦瓜の唐辛子炒め、定番の鶏の唐揚げ生姜ソースがけ、
豚肉の薄切り辛みソースがけなどをチョイスできる。
ランチはボリュームがあるので、グループで行って、
それぞれ別のものを頼んで取り分けるのがおすすめだ。

さあ、駱駝のランチを食べた後はプールから上がったような気持ちになること請け合い。
大きなタオルを持って訪れるが良し。



駱駝 ラクダのランチ情報を追加しました 2011.12



紅葉も終盤、2011年はやけに紅葉の遅い年だった。
最近ぼちぼちと寒い日が増えてきて、温かいものを食べようかと北白川へ。

駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】

温かいと言うよりは熱い!だろうか。駱駝 ラクダの辛い中華が食べたくなったのである。
紅葉シーズン、きっと皆観光地へ向かっているだろうとやって来たのだが、
危うく満席になる所で、危なかった。

駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】 駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】

それも食事中も車利用の観光客の方が次々と電話で道を尋ねてきているようで驚いた。
こんな住宅街にあるのに、駱駝は観光客の方にも人気だったのだと初めて知った。

さて、今日は窓際の大テーブルにて。ランチを注文。

駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】 駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】

まずはスープにザーサイ。大好きな茄子の辛み炒めをチョイス。
ごろりと揚げられた茄子に辛味のひき肉。
これはご飯にちょろっとのせていただくのだが、あまりにご飯が進むので、メタボおやじには悩ましい食べ方だ。

駱駝 ラクダ【京都ランチ・中華】

もう一つ、今日選んだのは豚の薄切り辛味ソースがけ。
何故か縦に切ったきゅうりの薄切りが添えられているのだが、これが旨いこと。
紹興酒か何か本格的な味付けなのだが、
豚の脂身が甘く、このたれと、爽やかな瑞々しい胡瓜と相まってたまらない。

プラス550円でミニ坦々麺を付けて、お腹いっぱい。大汗をかく。
駱駝 ラクダ、旨いなあ。気がつけば行列ができていたので、急いで退店。

考えてみれば詩仙堂、修学院、銀閣寺、哲学の道辺りの観光であれば、ここも有かもしれない。
少ないが駐車場も完備であるし。と、いうことで、時間に余裕があれば観光客の方にも是非おすすめしたい。

駱駝(ラクダ)は全席禁煙です。京都禁煙の店一覧≫




おとりよせ●京都の美味しいもの

美味しい餃子おとりよせ

【送料無料】伊東屋九条葱餃子と黒豚餃子  ●大阪餃子倶楽部【ミンミン】 ●宇都宮まさしのぎょうざ生餃子

駱駝 ラクダ
四川料理・中華

京都市左京区北白川瀬ノ内町27−4
電話075−781−0306 営業時間11:30〜14:00(LO)、17:30〜21:00(LO)
※月曜・第1火曜定休 (いずれも祝日の場合は営業)



Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】 京都ランチ 美味中華 駱駝 ラクダのサービスランチ取材記事です。