京都関西グルメ本【京都旅楽】

松花堂弁当発祥の地 京都吉兆で頂く松花堂弁当ランチ

美味しいもの 京都

吉兆松花堂

和食


京都トイレなブログ

京都吉兆松花堂

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


11月下旬。あまり混雑もなかろうと紅葉の松花堂庭園へ出かけた。

松花堂

駐車場は比較的空いており、ゆっくりと庭園を散策。
案の定ほとんど人はいない。紅葉は見頃である。特に撮影禁止の松花堂の辺りが素晴らしい。

京都吉兆松花堂
 京都吉兆松花堂

そしてここに来たら、松花堂弁当を頂かなくてはなるまい。
と、いうのも、岩清水八幡宮の僧、松花堂昭乗が種を入れたり、絵の具を入れていたりしていた
田の字の仕切りのある箱を見た料亭吉兆の創業者湯木貞一氏が
この箱に懐石料理を詰め、広まったのが松花堂弁当なのだそうだ。

京都吉兆松花堂

故に松花堂の施設にミシュランで三ツ星を獲得した吉兆の松花堂店が営業されている。

京都吉兆松花堂

前日予約で伺った。手前のカウンターは予約無しか喫茶の方が使用しているようだ。

京都吉兆松花堂

大きく開いた窓からは美しい景色が見渡せるが、4人以上のグループ用のよう。
さらに奥には座敷がある。

テーブルに案内されたのだが、コートについては何も聞かれなかった。
後で仲居の方があちらの棚にと言って下さったが、吉兆なのに気が利かない事だと驚く。

京都吉兆松花堂 京都吉兆松花堂

松花堂弁当は美しい四角の黒塗りの箱で供される。かぶせ蓋には待松花堂弁当と記されているが、
すぐに持っていかれてしまうのでゆっくり眺めている時間はなかった。
あまりに美しい蓋だったので、しばし外さなければよかったのかもしれないが(笑)。

京都吉兆松花堂

田の字に区切られた箱の左下には小芋や湯葉などの煮物、柚子の香りが素晴らしい。

京都吉兆松花堂

その上には秋の味覚が詰まった焼き物、ぎんなんや海老など。どれも繊細な味付けで美味。
右上にはまぐろと烏賊の刺身。どのように包丁を入れたのだろうかと思うほど美しく包まった烏賊の
歯ざわりはとてもよかったのだが、これだけ少し生臭かった。

京都吉兆松花堂 京都吉兆松花堂

右下には柴漬けなど3種の漬物。山椒ののせられたご飯はタイミングは少々遅かった。
空いた器を下げ、空いたスペースにおいてくれる。
更に、お茶も空いているのに気づかず、こちらから言わなければついでくれなかったのは
やはり他の吉兆と比べてはいけないのかもしれない。

柚子やきのこの入った吸い物。最後の一吸まで本当に素晴らしく、堪能させて頂いた。

この松花堂弁当は3859円。

会計を済まし横を見ると、ミシュランガイド京都・大阪(2010) が手書きの値段付きで置いてあった。
販売されているのだろうか。何とも吉兆に不似合いな、実に興ざめな風景であった。



京都吉兆松花堂
松花堂弁当・和食

京都府八幡市八幡女郎花43 松花堂庭園内
電話075−971−3311 営業時間11〜20時  ※月曜定休(祝日の場合翌日)・年末年始


大丸

京都関西グルメ本 京都美味ランチ 京都吉兆松花堂の取材記事ページです。 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル