カネタカフェ【京都関西グルメ本】錦市場・モーニング

京都関西グルメ本

モーニングやランチも楽しめる錦市場の隠れ家カフェ カネタカフェ

美味しいもの 京都

カネタカフェ


町家カフェ

京都トイレなブログ
カネタカフェ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


錦市場には次々と食事やカフェが出来て、昼も夜も楽しめる空間が増えてきた。
TVや雑誌で取り上げられる事も多いが、まだまだ隠れ家的で、訪れたことの無い方も多いかと思う。
販売スペースの奥や上階に、素晴らしい空間が広がっているから、一度試しに入ってみるといい。
それぞれに個性があって、見るだけでも楽しくなる。
例えば、体にもやさしい黒豆づくしの料理が味わえる黒豆茶庵オーガニックレストランのhale、豆腐料理錦そやなど。

カネタカフェ

高級干物嘉ねたもランチ、ディナーの食事の他、朝はモーニング(平日)、日中はカフェもされている。
今回はそのカネタカフェにお邪魔した。店の方が元気に声かけをされているので分かりやすいかも。
急な階段を上がれば錦の喧騒が嘘のような町家空間が広がる。
3階は座敷席、2階はテーブルで屋根裏部屋のような雰囲気になっている。

 カネタカフェ

シックな茶色のテーブルにスタイリッシュな白いソファ。テーブルは小さめで少し窮屈感有り。

カネタカフェ カネタカフェ

カフェメニューから抹茶チーズケーキセット750円とワッフルセット850円を注文。
この辺りにしては良心的な値段設定かと思う。

カネタカフェ

ケーキ専門店では無いので失礼ながら期待していなかった。
実際見た目はあまり良いとは言えないレアチーズ、小豆、抹茶ムースの三層になった
抹茶チーズケーキだったが、食べてびっくり抹茶の風味がまったりとして濃く、薄く敷かれた
小豆、ほんわりとしたレアチーズがなかなかの交わり具合で、甘さも丁度良く絶妙であった。
ドリンクはアイスミルクティーを選んだのだが、良い組み合わせであったと思う。

カネタカフェ

ワッフルは焼きあがっている途中から店内に良い香りが漂っていた。
あつあつのワッフルにアイスクリームが添えられ、チョコレートとパウダーシュガーがかけられている。
焼きたてのワッフルはさっくりとして美味しいし、アイスクリームとの相性はバツグン。
ちょっとほろ苦いコーヒーと頂けば尚いい。

カネタカフェ カネタカフェ

ところで、 店内はそれほど広さも無く、篭る感じなので、おしゃべりには気をつけた方がいい。

カネタカフェ

女性のグループが我は我はと大きな声で話していて、周りは皆顔をしかめていた。
カネタカフェの空間は、しっとりとお茶をするのに向いている気がする。

カネタカフェ カネタカフェ

そしてオマケ話だが、レジの所でカネタの千社札シールが頂けるのだが、
茶色は金がたまる=金多、ピンクは恋愛が成就するとかしないとか。
真相は定かではないが、気になる人はもらってみて。




カネタカフェのモーニング情報を追加しました
 2010.3



朝の錦市場は道行く人もまだ少なくゆっくり散策できる。
そんな錦市場でモーニングを頂けるのがカネタカフェ

カネタカフェ モーニング

元気なおじいちゃんが呼び込みしている時もあるし、看板だけの時もあるが、
臆せず階段を上ろう。 モーニングは平日及び土曜日に9時から。

カネタカフェ モーニング カネタカフェ モーニング

この時間はいつにも増してゆっくりできる。モーニングセットは500円。
飲み物はコーヒー又は紅茶から。

カネタカフェ モーニング カネタカフェ モーニング

カウンターからコーヒーのいい匂いが漂ってくる。と共に乾物の匂いも少ししたりして。
スクエアの白い皿にはバタートーストにレタスサラダ、そして自家製のポテトサラダが。
用意されたお箸には顔が書いてありさりげなくかわいい。

カネタカフェ モーニング

紅茶もコーヒーも美味しい。煙草の煙さえなければ居心地も悪くない。
観光でお越しの方、イノダコーヒのモーニングもいいが、錦市場の隠れ家モーニングも京都らしいかも。




カネタカフェ
カフェ・ランチ・モーニング
・食事

京都市中京区錦小路通麩屋町東入ル鍛冶屋町210 2F
電話075−221−4301  営業時間9〜18時 ※木曜定休




京都関西グルメ本 京都錦市場カフェ カネタカフェの取材記事ページです。 Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル
モーニングやランチも楽しめる錦市場の隠れ家カフェ