京都グルメ本【京都旅楽】

錦市場の八百屋が作る美味しい野菜ランチに夕飯 いけまさ亭
京都錦市場ランチ(京野菜)

いけまさ亭

京都トイレなブログ
いけまさ亭
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


錦市場のランチは高いと友人がぶつぶつ言う。確かに千円を越えてしまうランチも多いけれど
京野菜などを扱う池政の食事処いけまさ亭にはとっておきの安くて美味しいランチがあるのだ。

いけまさ亭

月ごとに変わる1800円の季節のお昼定食勿論良いが、かきあげ定食850円も絶品である。

いけまさ亭

いけまさ亭は錦天神に向かって、柳馬場を過ぎたら左側。
お食事の暖簾と呼び込みのおじちゃんが目印。
向かい側には果物&フレッシュジュースのの池鶴果実がある。見逃さないよう。

店内には屋台風の代テーブルとカウンター。お一人様はカウンターを利用すると良いだろう。
奥が良く見えないがほどよく風が抜けて心地良い。
カウンターから見る錦市場の様子はまるで別世界のようで、
いけまさ亭の中だけ時間が止まってしまったような静けさである。

いけまさ亭

しばし後あつあつの野菜かきあげ丼が。八百屋のかきあげ、不味いはずが無いのである。
にんじん、ごぼう、南京、さつま芋、みつば。さくさくで、野菜は甘い。
水が良いのだろう。ごはんもしみこんだ醤油も美味しい。

かきあげにはぷりぷりの海老が3匹隠れていた。海老も豪勢な味である。
これに漬物、煮物、野菜と麩の味噌汁がついている。

この日は女性のお一人様が多かったが、男でも十分なボリュームである。
野菜料理をあてに楽しめるいけまさ亭の夕食もいいが、
このランチライムのかきあげ丼もおすすめである。



いけまさ亭リニューアル・晩ごはんの情報を追加しました 2011.11



冬はシャッターが閉まっていて、呼び鈴を押して開けてもらって入店。
中に入ればそこは八百屋の店先に作った席とカウンター。
そんないけまさ亭だったが、2011年9月に大幅リニューアル。
まるで料亭のような入り口に戸惑いながらも、入店すれば前のようにカウンターがあり少しほっとした。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

店内から錦市場が丸見えだったのだが、しっかり壁ができて綺麗である。
屋台や酒場という雰囲気から和食処へ大変身。しかし料理はそのままお手頃価格なのが嬉しい。

まずは手絞りのグレープフルーツチューハイ。いけまさ亭の夜はこれは外せない。
激ウマである。それと日本酒。いけまさ亭の純米無濾過酒もある。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

メニューから本日のおばんざいを3種チョイス。何を頼んでも間違いなく美味。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

生湯葉とつるむらさきのたいたん、ミニセロリの胡麻和え、なんとか豆の田楽(失念)。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

天然ブリを塩焼きで。八百屋だと思って甘く見る無かれ。錦市場である。
魚メニューもしっかり美味しいのである。そして器も素敵だ。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

大粒銀杏焼き。季節物である。なんと火がまだくすぶっている。口に入れて香ばしく、唸る。
一方、こちらは火に対して水性である。 水茄子と茗荷のポン酢。爽やか。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

お一人様ならカウンターも楽しい。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

野菜かきあげ650円。 細く切られ、からりと揚げられた八百屋のかきあげ。
しゃきしゃきと食感もいいし、野菜の甘さもたまらない。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

これもこれからの季節外せない。海老芋の蟹あんかけ。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

松茸の季節は〆にイチオシ。松茸御飯お吸い物付き750円。
ちょろりでは無い、たっぷりの御飯。何と吸い物には鱧が入っている。
漬物も良い味で、ここでお開き。2名で6000円かからなかった。

本当は毎日でも通いたい。その時々美味しい野菜が出されるのだから、旨くないはずはないのだ。
あまり混雑して欲しくないので、読者の皆さんどうぞご内密に。



いけまさ亭リニューアル・晩ごはんの情報を追加しました 2011.12



最近すぐ立ち寄ってしまうのが錦市場の美味しい野菜料理を食べさせてくれる いけまさ亭である。
八百屋の野菜料理店だから美味しいのは当たり前なのであるが、これが本当に旨くて止められない(笑)。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

日本酒も銘柄は少ないが京都のいいのが揃っているし、器も素敵だ。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

まず座ったら迷わずこれ。本日のおばんざいの全盛り。
今日は秋のおひたし、南京と丁子麩の酢味噌、豆腐とえのきの和え物、小松菜の辛し和え、
ほうれん草と生木茸の練り胡麻、生湯葉とわさび菜のお浸し。
聞いたことも無い野菜があったりして、どきどきしながらつまむのだ。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

生絞りグレープフルーツ焼酎。このシリーズ旨し。
海老芋の蟹あんかけとの野菜かきあげは外せない。考えるといつも同じものを食べている。
仕方が無い、旨いのだから。


いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

待ってました!冬の贅沢蕪蒸し850円。
生麩の紅葉も鮮やか、わさびを溶かして召し上がれ。余韻の残る滑らかさ。



〆は季節のごはんで。今日は栗とムカゴのご飯750円。

あまり混雑するのは嫌なのだが、紹介せずにはいられない。美味しすぎる店 いけまさ亭也。



いけまさ亭の晩ごはんの情報を追加しました 2012.3



仕事が早めに上がったので、錦市場のいけまさ亭にすべりこむ。
先週は振られてしまってリベンジ。天気があまり良く無いせいか、満席ではなかったが、
テーブルでは中高年のグループが楽しそうに食事中であった。
遅い時間ではないのでたっぷりおばんざいを頂こうと思ったのだが
、もう観光シーズンなのだろうか、
既に半分売り切れでがっかり。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

でも、残っていただけいいかと思い直す。チューハイ、日本酒を飲みながらつまむ。
今日の3点盛りは生湯葉とほうれん草のおひたし、モロッコ三度の練り胡麻和え、ニラのおひたし。
もう、どれも完璧に旨いので、もっと頂きたかったなと思う。
桜のシーズンに突入するこれから、もっと早い時間に来なければならないのかも。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

必ずお願いする野菜のかき揚げはさくさくでさつまいもや人参、ごぼうなどの食感も素晴らしい。
そろそろ終わりかなと海老芋の蟹あんかけも。
更に蕪蒸しも楽しもうと思ったのだが、時既に遅し、今年は終了してしまっていた。
なので賀茂茄子の白味噌田楽を。〆には筍ご飯。今年も春の味覚が登場している。

いけまさ亭に来たら、何を頼んでも間違いが無く美味しい。
でもシーズンは特に混み合うのであまり立ち寄れないか。
そう思いながらもいけまさ亭の野菜料理の誘惑には勝てそうも無い。




いけまさ亭の晩ごはんの情報を追加しました 2012.5



美味しい晩ごはんが食べたくなりいけまさ亭を覗く。
20時を回っていて、大丈夫かなと思って聞くと、今日はおばんざいも揃っているとのこと。

いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】 いけまさ亭【京都晩ごはん・ランチ】

嬉々としてカウンターに座り、生絞りのグレープフルーツチューハイ、そして日本酒にて乾杯。



さて、お楽しみの本日のおばんざい三点盛550円全種類を。
胡瓜と丁子麩の酢味噌、ニラのお浸し、根芋の練り胡麻和え、春菊とエノキのお浸し、
豆鰯の煮付、ミニセロリの胡麻和え。どれも美味しいのだが今宵のナンバーワンは胡瓜と丁子麩に。




いよいよ今年も鱧の季節がやって来た。メニューから鱧の落しを梅肉ソースで。今年初鱧也。



やはり〆は野菜かき揚げ。大満足。



京都の美味おとりよせ


いけまさ亭
錦市場ランチ・京野菜料理

京都市中京区錦小路柳馬場東入ル東魚屋町168
電話075−221−3460  営業時間11:30〜14:00  17:30〜21:30 ※日・月・火曜定休




京都関西グルメ本 京都ランチ いけまさ亭ランチの紹介記事です。 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル