京都グルメ本【京都旅楽】

御幸町にOPEN 安心おやつのはらドーナッツ

美味しいもの 京都

安心おやつ
はらドーナッツ

ドーナッツ
はらドーナッツ
旅楽【たびたの】TOPへ

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


御幸町通はカフェや雑貨、衣料店など三条通から続く若者向けのおしゃれな店が多く立ち並ぶ。
その中に突如雑誌の中から抜け出したようなかわいらしい店ができた。はらドーナッツ
2009年4/28にOPENしたこの店はドーナッツ専門店。

はらドーナッツ はらドーナッツ はらドーナッツ はらドーナッツ

コンセプトは昔懐かしいお母さんの味。
北海道産の大豆で作る神戸の老舗豆腐店 原とうふの豆乳とオカラをドーナッツに使用する事で、
安心のドーナッツが生まれたそうだ。もちろん防腐剤、保存料も不使用。
この他にも小麦粉は国産、食感の良い食物繊維・鉄分を含む全粒粉、栄養価の高い赤卵、
アルミニウム無添加のベーキングパウダー、砂糖は三温糖を使用するなどこだわりのドーナッツを用意してくれている。

はらドーナッツ

故に子供連れのお母さんの姿が良く似合う。
その他にもカップルでやってきたり、スーツ姿のおじさんが適当に入れてと注文している姿も良く見かける。
という、筆者もちょっと小腹が空いたときに会社を抜け出して求めたりする。

はらドーナッツ

はらドーナッツは京都進出は初めてであるが、すでに東京などでOPEN、人気を博していると聞く。
ラインナップはオカラと豆乳を使用したスタンダードはらドーナッツ120円。
この他、サトウキビ、チョコ、コーヒーなど10種類前後。
京都店オリジナルのお野菜ドーナッツだが、先日見かけたのは壬生菜150円であった。

はらドーナッツ はらドーナッツ はらドーナッツ

この日ははらドーナッツでも人気のコウチャ130円、丹波黒豆きなこ150円、季節のフルーツ(いちご)160円を頂く。
コウチャは手がべとつかず食べやすい。オーガニックのアールグレイが生地に練りこんであるのだが、
想像したよりは香りが濃くなかった。茶葉が少し触る感有り。この茶葉のおかげでより豆乳の風味を感じたのだが、
もう少しアールグレイの香りがあるともっと良いのにと思った。

黒豆きなこはすうっと舌の上でとけてくようなきなこ。あまり時間を置かずに頂くのがいい。
季節のフルーツはいちご。値段はちょっとお高め。上のトッピングが無い方がよりはらドーナッツを
味わえるような気がしたので、個人的にはコーティングより練りこみタイプの方が良いかと思う。
いずれも固めのドーナッツだ。

ガラスケースを覗いてドーナッツを選ぶ瞬間の幸せ感。
ランドセルを背負った小学生の姿が似合うはらドーナッツ。
こんなやさしい店ができて少し嬉しく思う。





はらドーナッツ 京都河原町店
ドーナツ
京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町341-2 1F
電話075−252−4887 営業時間10〜19時(売切れ次第終)
※テイクアウトのみ



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル【たびたの】京都オーガニックドーナツ専門店 はらドーナッツの取材記事です。