京都グルメ本【京都旅楽】

カステラ(春庭良)、若あゆ、花背・・・日常にある京和菓子店 大極殿本舗

京都和菓子

大極殿本舗
大極殿本舗 
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


大文字、
お精霊さんを迎える準備が各家では進んでいる。町の和菓子店には盆菓子が並ぶ。

大極殿本舗

何度か紹介している大極殿栖園の本店 大極殿本舗でもお精霊迎えの盆菓子を販売中。

大極殿本舗

我が家でも盆用の和菓子と・・・大極殿本舗でのお楽しみ、限定のカステラ(春庭良)の徳用を。

大極殿本舗 大極殿本舗 カステラ

大極殿は明治18年創業、京都でいち早くカステラを販売した和菓子店。

大極殿本舗 カステラ

その昔京都のカステラと言えば大極殿のものであったと言うくらい。

大極殿本舗 カステラ

このカステラは、本店と六角店(栖園)ででしか販売されていないので、京土産にもおすすめ。

大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

ご自宅用には、この徳用を。

大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

少しムラのあるこのカステラ(春庭良)が、我が家では人気なのであった。
底には勿論ザラメ付。


大極殿本舗 花背の情報を追加しました。



大極殿本舗 花背 大極殿本舗 花背

大極殿本舗の代表菓子とも言える「花背」の季節が今年もやってきた。
鞍馬の奥、京の山里をイメージさせるこの和菓子は背負い籠を模して作られている。

大極殿本舗 花背
 大極殿本舗 花背

花背の販売期間は9月中旬から5月初旬まで。夏の間は「若あゆ」が店頭に並ぶ。
花背は1個から購入可能で168円。

大極殿本舗 花背 大極殿本舗 花背

美山荘で活けられていた花々を思い出させる手の込んだ形。
小麦粉、卵、砂糖、蜂蜜で焼いたどらやきのような皮で粒あんを包み、その上にちょこんとのりをのせ、
皿に同じ皮で網状のものを焼き、被せている。

不思議なくらい海苔の主張は感じないのだが、これがより餡と皮の美味しさを増幅させている気がする。
薄くて甘い皮の具合もいいが、中のふっくらした餡がお茶とよく合い美味しい。
1週間ほどの日持ちもするのでお土産にもおすすめ。
1箱(8個入り)は1449円。

大極殿本舗のおとりよせが可能です。下記より大極殿本舗もしくは花背で検索してください。




大極殿本舗 春庭良(カステイラ)の情報を追加しました。2009.12



今日はお徳用のカステラが売り切れでいたので箱入りを頂く。
自宅用には勿体無いハイカラな包み紙はおもたせにバツグンである。


大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

幾何学模様のしおりも前衛的。

大極殿本舗 カステラ

思わずじっくり眺めてしまうこの包み紙は1枚の絵になっている。どこまでもハイカラである。

大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

パックされているので意外と日持ちもする。

大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

この550円の小さいサイズの春庭良(カステラ)がちょうどいい。4〜5人分くらいのサイズ。
1円単位の端数はおまけしてくれるのがささやかに嬉しかったりする。

大極殿本舗 カステラ 大極殿本舗 カステラ

カステラは甘くて黄色身が強いふんわりとした昔ながらの力強い懐かしい味。
数日熟成させるのもいいのだが、やはりザラメ派としてはまだじゃりじゃり感が残る内に頂きたい。




京都の美味おとりよせ



|  旅楽トラベルTOPへ | 京都おいしい店 | 京都の良い宿 |  京都のお土産おとりよせ  |  京都目的別もくじへ  |

大極殿本舗
京銘菓・和菓子
大極殿本店
京都市中京区高倉四条上ル帯屋町590
電話075−221−3323 営業時間9〜19時 ※水曜定休

甘味処 栖園(大極殿 六角店併設)

京都市中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120
電話 075−221−3311 営業時間 10時〜18時 ※水曜定休(祝日営業)
 


京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル【たびたの】京都和菓子 大極殿本舗のレポートです。