ぼんじゅーる【京都グルメ本】洋食・ランチ

京都グルメ本

六角堂のほど近く。ハンバーグの美味しい洋食屋 ぼんじゅーる


美味しいもの 京都

ぼんじゅーる


洋食
ぼんじゅーる
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


六角堂のほど近く。概観も洋食屋らしい洋食屋ぼんじゅーるがある。


ぼんじゅーる ぼんじゅーる ぼんじゅーる

何を食べても美味しい、我々にとっては大切な洋食屋ぼんじゅーるの創業は1951年。
長きに渡って我々の胃袋を幸福で満たしてくれている。
シェフのイラストが描かれたガラスドアを開ければ、うなぎの寝床の縦長の店内。

ぼんじゅーる

洋食屋には2つのタイプがあると思う。何十年も油がしみたようなちょっと小汚い洋食屋。
そして、今しがた開店したかのようなどこもかしこもぴかぴかな洋食屋、
ボンジュールは後者である。カウンターもテーブルも美しい。
そしてぺたぺたとハンバーグを捏ねるシェフの姿も美しい。

ぼんじゅーる

ボンジュール野おすすめはランチ。いろいろと選べる洋食はランチは驚くほどリーズナブルなのだ。
和牛ハンバーグランチは900円。ぼんじゅーる特製ハンバーグを数種類の中から1つ選び、
更に、手作り和牛コロッケ、 海老フライ、 ミニビーフシチューなどのサイドメニューから1つ選べると言う
洋食好きにはたまらないラインナップ。

かくして今日はハンバーグはデミグラスソースをサイドはアスパラの牛肉巻フライをチョイス。
肉が細かくふんわりととろけるハンバーグは言わずもがな。
たっぷりの野菜に目玉焼き、甘みのあるデミグラスソース。洋食ここにありと言った風。

サイドのフライもまるでメインのようにたっぷりと千切りキャベツが添えられている。
これに ごはんと汁がつくのだが、100円プラスするとカレーごはんにできる。

ぼんじゅーる

連れはデミグラスハンバーグにミニビーフシチュウをチョイス。
和牛の切り落としや牛すじを使用したと言うシチュウはぷるぷるとしてコラーゲン豊富だそうなので、
女性に特におすすめしたい。

エビフライを上げる様子やシェフとの会話を楽しみたいなら是非カウンターへ。
但し、ランチ時はサラリーマンが多く、煙害にあう可能性も。これさえなければおすすめの席である。


このランチは土曜日も含む平日限定。日祝はホリデーランチが用意されている。
場所柄、平日よりも休日の方が利用しやすい。





Bonjour
ぼんじゅーる

洋食

京都市中京区烏丸六角東入ル  
電話075−221−6569  営業時間  11:30〜15:00、18:00〜22:00
土曜日 12:00〜15:00、18:00〜22:00  日曜日 12:00〜15:00 ※月曜、第2・第4日曜定休




京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル 京都美味洋食店 ぼんじゅーるの取材記事ページです。