京都グルメ本【京都旅楽】

元気なお母さんが迎えてくれるほっとする町家ごはんの店 旬菜あだち
京都ランチ・町家ごはん

旬菜あだち


京都トイレなブログ
旬菜あだち
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


河原町丸太町から荒神口へ向かって上ル。この辺りにはいくつか食べ物屋があるのだが、
右手の方に、大きなガラス戸の町家が目に入ると思う。旬菜あだち

旬菜あだち

看板の具合から割烹だろうかと思うかもしれないが、気軽に利用できる定食の店だ。
ランチタイムは色々とセットが用意されており、一人でも気軽に利用できる。

旬菜あだち

日差しが差し込む奥の間はテーブル席。この日は家族連れで賑わっていた。

旬菜あだち

ので、手前のカウンターへ。暖簾から涼しい風がやってくる。何とも良い雰囲気。
カウンターでは黙々と調理をするご主人。元気なお母さんが冷たい茶を持ってきてくれる。

美味しかったのでぐっと飲み干すと、「お代わりいれましょか」とすぐにポットを持って来てくれた。
「すみません」と言うと「こんなもんしかないけど」と笑う。

単身赴任のお父さんや学生さんには至極居心地が良いと思う。

旬菜あだち 
旬菜あだち

さて、メニューからカレイの煮付けと野菜の天麩羅を選ぶ。
小芋が添えられた煮付けは家庭の味でほっとする。これに厚揚げの煮物、ほうれん草の煮物、
ごはん、漬物、味噌汁。


旬菜あだち

天麩羅はかぼちゃ、舞茸など5種類を塩で頂く。厚揚げの煮物にいわしの生姜煮、
漬物、ごはん、味噌汁。いずれも900円前後。主食に何を選ぶかによって前後する。
コロッケ、焼肉、刺身など選択の幅は広い。

特筆すべきものでは無いのだけれど、家庭の味を頂きたい時に満足を得られるかと思う。
観光の方の姿はあまり見かけないが、町家の雰囲気や京都の日常を味わえるという点で、
覚えて置かれると重宝かと思う。京都御苑や鴨川散策時にふらりというのもいい。





かもがわカフェ 
ゆったり時間でまったりカフェ 晴れの日が似合うカフェ

烹菓 贈答にぴったりなのが「ニワトリさんごめんなさい」の小粋なキャッチで有名な烏骨鶏ガレット「雅」

ホホエミ hohoemi 荒神橋西詰にある小さな小さなパン屋

まんじぇびゃん 荒神口交差点角にある人気の欧風料理店 【京都旅楽




京都の美味おとりよせ


旬菜あだち
町家ごはん

京都市上京区上生洲町247
電話075−256−0011 営業時間11:30〜14:00(LO)、17:00〜21:30(LO) ※火曜定休



京都関西グルメ本  旬菜あだち ランチ の取材記事です。Copyright (C) 2004-2010旅楽トラベル