金沢グルメ本【石川旅楽】
金沢のひがし茶屋街文政年間の町屋をそのまま利用した素敵な甘味処 森八 文政の菓子司 東山店

金沢和菓子・甘味

森八 文政の菓子司 東山店

京都トイレなブログ

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


金沢ひがし茶屋街。石畳に赤いべんがらのお茶屋が美しく軒を連ねている。
観光客で賑わうメイン通りを一本それると少し静けさが増した。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

立派な御茶屋には赤い提灯がぶらさがっている。夜はさぞかし艶かしい雰囲気になるのであろう。
金沢の若旦那が芸舞妓さんと歩く様子を羨ましく思い浮かべながら、一服できる店を探す。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】 森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

そこへ、文政年間の町屋をそのまま利用し、180年前の菓子司の再現したという
和菓子店 森八 文政の菓子司 東山店の暖簾が揺れている。
菓子売り場の奥には素敵な喫茶空間が見えていた。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

手前の席はいっぱいであったが、運よく坪庭の奥の大テーブルの席へどうぞと案内される。
まるで個室のような素晴らしい空間であった。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

メニューからコーヒーお菓子セット640円とあんみつをお願いする。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】 森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

和菓子は森八の銘菓 加賀藩御用金山 宝達
加賀藩の御用金山として栄えた宝達山を模した和菓子だそうだ。
どらやきのようなもっちりとした皮の中につぶあんと漉しあん。
緊迫で何か字か模様があるのだが、よくわからない。ただこれが金沢らしさを伝えてくれている。
抹茶にすべきかとも思ったが、コーヒーと一緒に頂いても違和感は無かった。
表の売り場で購入ができる。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】 森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

あんみつは840円。口直しが別に添えられている。
葛、キウイ、みかんなどのフルーツ、麩、豆など食べていてたのしくなるような盛りだくさんの内容。
黒蜜は好みで調節できる。これはかなり美味であった。人気があるので売り切れることも多いそう。

森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】 森八 文政の菓子司 東山店【金沢カフェ】

この贅沢な空間で和菓子とコーヒーが640円で楽しめるのはとんでもなくリーズナブルかと思う。
本当に素敵な甘味店であった。金沢のひがし茶屋街散策の際は、必ず立ち寄りたい。




石川の美味おとりよせ

森八 文政の菓子司 東山店
喫茶・甘味・和菓子

石川県金沢市東山1−13−9
電話076−253−0887 営業時間10〜17時 ※元旦1日、2日



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2011旅楽トラベル 森八 文政の菓子司 東山店【石川旅楽】甘味の紹介記事です。