淡路島グルメ本【兵庫旅楽】

淡路島洲本 出会えたらラッキー幻のロケット焼 いすず
淡路島 ロケット焼

いすず

いすず ロケット焼【淡路島】

京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


渚の荘 花季に宿泊した帰り、淡路島に幻のおやつがあるらしいと聞いて立ち寄った。
その名もいずずロケット焼き。ロケット焼きとは回転焼、今川焼、大判焼のことである。


いすず ロケット焼【淡路島】

何故に幻か。空いている時間がアバウトで短いのである。昼頃からOPENし、なくなり次第終了。
おまけに不定休で夏場は休業。

さて、どうであろう。ランチを食べてからてくてく向かう。
道路を挟んでロケット焼と書かれた赤い幌が見える。さて、開いているのか、閉まっているのか・・

いすず ロケット焼【淡路島】 いすず ロケット焼【淡路島】

開いていた!窓から覗くとおばちゃんがころころとしたロケット焼きを製作中であった。
小躍りしながら5個注文。1個100円である。
白い紙袋にロケット焼を収めると、冷めないように新聞紙でくるんでくれた。

いすず ロケット焼【淡路島】 いすず ロケット焼【淡路島】

あつあつを早速頂く。まるでヨーヨーのような美しいフォルム。
ロケット焼の特徴はまんなかが円盤のように膨らんでいることだろうか。
外側に1つ線が入っている。ドラえもんのドラ焼きのようだ。

いすず ロケット焼【淡路島】


サクリとしっかり焼かれた皮は卵の風味で中はふんわり。
粒あんにたどり着くと甘さも程よく何とも美味しかった。盛り上がっている分たっぷりだ。
自家製の餡らしい。家でも食べたが、冷めてすら美味しかった。

この味、忘れがたし。ロケット焼に、又出会えることを祈って止まない。
今度は何故ロケット焼なのか忘れずに聞いてみたい。



●兵庫の美味おとりよせ


いずず
ロケット焼

兵庫県洲本市栄町1−3−11
電話0799−22−1958 営業時間昼前〜売切れ次第終了 ※不定休(夏は休業)




Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル【たびたの】京都関西グルメ本 淡路島の美味 いすずのロケット焼