京都旅楽【たびたの】

堺町通を下り錦市場に入る少し手前、行列が絶えないケーキ店 オ・グルニエ・ドール
ティーサロンがOPEN  サロンド・テ・オ・グルニエドール
京都ケーキ・カフェ

サロンド・テ・オ・グルニエドール

京都トイレなブログ
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


堺町通りを下錦市場に入る少し手前、行列が絶えないケーキ店 オ・グルニエ・ドール
店内はいつも人で溢れ、路地におかれた席も、ショーケースの前の席もゆっくりお茶を楽しむ雰囲気ではなかった。
故に、テイクアウトオンリー派が周囲で多いのは、ごく自然なことであった。




近所の我々はそれでも良いが、京都で1番人気のあるオ・グルニエドールには連日観光客の方も多く訪れる。

小さくなってケーキを食べている姿を見ては、もう少し何とかすれば良いのにと皆思っていた。

そんな気持ちを汲んでくれたかのようなサロンドテ・オ・グルニエドールのOPEN。これは素晴らしいと皆大喜びした。
しかしながら、喜んだのも束の間、当然ながらサロンドテも行列が多い。
伺ってみたいなと思うものの、テイクアウトした方が断然早いのでなかなかその機会が無かった。



友人が遊びに来たので、今日はどうだろうと覗いてみると珍しくすぐに席があるらしい。
と言うことでイートインすることになった。
まずはショーケースの前でケーキを選ぶ。ケーキを告げてから席への案内となる。
鰻の寝床の縦長の店内。客層は女性が9割。カップルが1割といった所。
おやじにはちょっと居心地が悪いが、女性と一緒なら気にならない。


 

女性だらけの中に席を取るのは少々緊張するが、気にしても仕方あるまい。
ソファ席はいいのだが、真ん中の列のテーブルは隣との間隔も狭く、ゆったりと言う感じではない。
しかしながら前を考えれば段違いにいい。

応対がゆったりとやわらかなスタッフに飲み物を頼んで待つ。友人は電車の時間があったので少し焦っている。
確かに満席ではあるのだが、ケーキは頼んであるし、紅茶、コーヒーのみのはずだが、なかなか出てこない。

 

ゆったりした時間が流れる中、申し訳なかったがスタッフに話して早めに支度をしてもらった。
丁重にお詫びを言って頂いたが、時間が無いのに入った我々も悪かった。
こういう場所はゆっくりと来るものかもしれない。
友人はキリのクリームチーズタルト410円に、アッサムティー525円のセット。



当方はカフェラテ550円とルノワール460円を。見た目も美しいこのケーキはあの画家のルノワールを意識したもの。
京都国立近代美術館で開催されたルノワール展を記念して作られたそう。
淡く様々な色がふんわりと交じり合う様子は確かにルノワールの絵の様でもある。
真白なブランマンジェの中に赤く見えるのはピンクグレープフルーツ。
更に黄色グレープフルーツ、フランボワーズ、ハーブが彩りを添えている。
更に黄色に輝くキラキラとしたものがかかっているので、食べてみると、何とオリーブオイルであった。
プリンにオーリーブオイル?と思ったが、味わってみると何の違和感もなく、すっとミルク風味と馴染んだのは驚きだった。

また、おまけのように器にかけられているのはマカロン。
見て楽しい、味わって楽しいオ・グルニエドールのルノワール。 すっかり気に入ってしまった。



サロンドテオーグルニエドールが左隣(旧イ・ラティーニ)の町家店舗に移転しました 2010.9





堺町通。サロン・ド・テ・オグルニエドールが移転OPENし、町家店舗となった。
販売店舗は以前のままのようだ。


サロン・ド・テ・オグルニエドール

京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町519−1

以前は町家イタリアン イ ラティーニがあった場所。
この100年を越える店舗はずっと空室のままであった。

サロン・ド・テ・オグルニエドール

早速すごい人で溢れている。

サロン・ド・テ・オグルニエドール

イラティーニのときに見た坪庭は本当に素敵であった。
新しいグルニエドールになりまた、お邪魔するチャンスができ嬉しい。



新サロンドテオーグルニエドールの情報を追加しました 2011.7





サロン・ド・テ・オグルニエドール
が旧イ・ラティーニの町家店舗に移転して
しばらく足が向かなかったのは、ひとえにいつも恐ろしいほどの人で溢れていて、
入店する気を喪失してしまうからである。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

今日は平日。珍しく早めにランチを頂いて、それもボリュームが少なかったものだから、
サロン・ド・テ オグルニエドールを覗くに至った。なんと誰も居なかった。
これはと思いいそいそ店内へ入ると、かわいいお嬢さんがまずケーキをここで決めてと言う。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

ケーキと飲み物を決めて坪庭が良く見える席に着く。
もしかしたらこの町家に来るのは1年以上前ぶりではないか。
以前よりすっきりと明るくなった店内から、変わらぬ大きな灯篭が構えて見えた。

京都で1番人気のあるケーキ店である。
もうこの町家の行方について考える必要はなさそうだ。
なんと嬉しい事。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

友人が選んだのは赤い実のベリータルトだったか。
固めに焼かれたタルト生地の上にたっぷりとラズベリーやブルーベリーなどが宝石のように詰められている。
酸味と甘みが爽やかだったそうだが、ナイフとフォークではかなり食べにくそうであった。
これはすまして頂くより、家で様子かまわず頂く方が良いかも知れぬ。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

ブレンドコーヒー470円。季節の紅茶よりカモミールティー400円。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

選んだのはさっぱりと夏が香りそうなタルトシトロン。

サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ サロンドテ・オグルニエドール【京都旅楽】町家カフェ・ケーキ

くちなしの葉のように形作られたメレンゲは甘く、さくりシュワーとはかなげ。
中のクリームが驚きでレモンの酸味にバジルの風味が。
面白かったが、好みは分かれるかもしれない。爽やかと言うよりも陽気なイタリアンな風味でにちょっと驚いた。

しかし、間違いなく美味しいケーキに、良心的な飲み物のラインナップ。
そしてこの素晴らしい町家の雰囲気。
「普通のカフェに行くぐらいなら混雑していてもグルニエドールがいい」と言った友人の言葉を思い出した。

大丸



京都の美味おとりよせ



|  旅楽トラベルTOPへ |
京都美味店 | 京都の良い宿 |  京都おとりよせ  |  京都目的別もくじへ  |  京都関西グルメ本1巻 |


サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール
ケーキ・カフェ

サロン・ド・テ オグルニエ・ドール
京都市中京区堺町通錦小路上ル519−2 冨美家北ビル 2Fより下記へ移転
京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町519−1
電話075−468−8625 営業時間 11:00〜19:00 ※木曜定休

オ・グルニエ・ドール
(テイクアウト)
京都市中京区堺町通錦小路上ル527−1
電話 075−213−7782 営業時間11:00〜19:00 ※第2火曜(不定)・水曜定休



京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2014旅楽トラベル【たびたの】京都カフェ サロン・ド・テ オグルニエ・ドールのレポートです。