京都
旅楽グルメ本
自然食レストラン びお亭はランチによくお邪魔する大好きな店だ
京都ランチ・自然食

びお亭


京都トイレなブログ
びお亭 のれん
京都イベント京都見所京都美味京都桜京都紅葉京都宿京都ええもんおとりよせ京町家に泊まる


烏丸三条にある自然食レストラン びお亭はランチによくお邪魔する大好きな店だ。
無農薬、有機栽培の食材を使用した日替わり。びお亭定食は840円。

びお亭 果実酒 びお亭 店内

メインは焼き魚や麻婆豆腐など数種のおかずより選ぶことができる。
玄米の上には黒胡麻、野菜の具が沢山入った味噌汁、豆腐料理、サラダ。バランスもボリュームもいい。

びお亭 カウンター びお亭 日替わり

店内はそれほど広くない。木のカウンターとテーブルが所狭しと並ぶ。実際きつきつである。
カウンターの奥に座ると隣の人に立ってもらわないと出られない。
また、ここは日本?と思うくらい外国の方が多いのは、ベジタリアンに対応した料理を出してくれるからだろう。
女性のお一人様も多いが、気軽に過ごせる雰囲気なので心配はいらない。

ミネラルが不足してきたら、迷わずびお亭へ。夜食も同様のヘルシーメニューが揃っている。
但し、定休日が多いので、行く前に曜日を確認して。


びお亭のランチ情報を追加しました。 2007.7


食欲が落ちてきたのでびお亭へミネラル補給に。今日のランチメニューは豆腐ハンバーグか豆腐のサラダ。
少しずらして1時30分過ぎにやってきたもののほとんど空席はない。
暑かったので、さっぱりとした豆腐サラダランチを注文。


びお亭ランチ びお亭ランチ

いつもご飯の種類を選択できるのだが、玄米は売切れとのことで、今日は胚芽米のみだった。

祇園祭の余韻だろうか、関東言葉の女性グループが健康について話している。
2時にのれんが外されたが、気が付けば半分は外国の方になっていた。
だからびお亭は居心地が良いのかもしれない。何故か日本人の自分はそう感じている。

 びお亭ランチ 自然食 びお亭

大皿に固豆腐、オニオンスライス、レタス、トマト、きゅうり、わかめ、上にほろりと味付けされたひき肉がかかっている。
こうやって頂くとなかなかボリュームがあるが、それでも男には腹八分だ。
小皿いっぱいにひじき。こんなに沢山のひじきを食べたのは久しぶりだ。
漬物に、ご飯、味噌汁。面白いのは汁に山椒粉がかけられていること。少しスパイシーなのだ。

さて、お茶を飲んで、席を立つ。840円。
あまりゆっくりできる雰囲気ではないけれど、ビジネスランチには最適なびお亭なのである。


びお亭のディナー情報を追加しました。 2009.12



「旨くて身体にいいものを食べたい!」と思ったら昼も夜もびお亭である。


びお亭

休みが多し、終了も早めだし、席も狭いし・・・のでちょっと注意は必要だけれど。

びお亭 びお亭

まずは純米酒と梅酒のソーダ割で乾杯。
飲み物もヘルシーにと言うわけではないけれど、そもそもラインナップがヘルシーなのである 。

びお亭 びお亭 入口

メニューから、サラダ、野菜かつ、野菜春巻き、いわしのマリネ、大根の煮物・・などをチョイス。

びお亭 びお亭

さすがびお亭の野菜サラダは素晴らしい。人参とかぼちゃのテリーヌらしきものまでのせられている。
野菜の甘みで菓子のよう。とろりと舌の上でなめらかにとろける。
さつまいもやわかめなど、取り分けるたびに新しい食材が現れて楽しい。
一体何種類盛られているのだろう。これに手作りドレッシングをかけて頂く。

びお亭 びお亭

野菜のかつ盛り合わせは「ボリュームありますよ」と添えられたが、男にはちょうど良い。
蓮根やかぼちゃなど、野菜そのものの味もいい。そしてサラダの単品にしても良いほど生野菜もたっぷり添えられる。
野菜の春巻きはごぼうなどが入って食感が良い。ほうれん草の和え物が添えられている。

ここでご飯が欲しくなり玄米ごはんを追加。野菜の酢漬けと一緒に。
全部で4,5皿頼んで2杯ほど飲んだ。全部で5000円ほどだったか。お腹も大満足。
野菜がたっぷりだったおかけが、もたれなど一切無い。
やはり、年を取ったらびお亭のような店で一杯やるのがいいなあと思った次第。

 びお亭 
びお亭 のれん

尚、びお亭は、昼も夜も客層は基本的に変わらない。
他店と異なるのは圧倒的に外国人の方と(ベジタリアン対応)、女性のお一人様が多いのが特徴的である。
夜の定食は1300円ほどで、これを目当てに訪れる方がほとんどだ。

次々と人が訪れるのと、店内は狭く、歩くスペースもままならないため、ゆったりしたい人には向かないし、
スタッフの方も調理で皆いっぱいいっぱいで、愛想が良いとは言えない。

それでも、この料理を見れば、こだわりや愛情は伝わってくる。
これらの点を予めご考慮頂ければ、びお亭こだわりの酒も料理も十分に楽しめるであろう。
当方はここで紹介したくないくらい、びお亭が好きである。


びお亭のランチ情報を追加しました。2009.1



さて、今年もとっぷりとびお亭にお世話になっている。
何を頂いても野菜たっぷりバランスが取れていて、美味しいので、自然と足が向いてしまう。


びお亭

びお亭で困ることと言えば、美味しそうなメニューが並んでいて悩むくらいである。
今日も 焼き魚や日替わりなど迷った挙句、アジのマリネに決めた。

びお亭

美しくもられた魚はまるでケーキのようである。ドレッシングが色鮮やか。野菜もたっぷり。
酢の風味が、透明感があって、さっぱりしているのだが、ご飯と良くあって、お代わりしたくなる。
そして意外とボリュームがある。
更に小鉢と言えない量のたっぷりのひじき。)と香の物。そして味噌汁に玄米。
いつもびお亭のランチは腹八分なのだが、今日は満腹感有り。

ふと気が付いて見渡すと、珍しく今日は外国の方がいない。
円高が影響しているのだろうかと、茶をすすりながらふと考える。

時間や天気にも夜のだが、ちょっと空いているびお亭は妙に居心地がいい。
こんな日は いつもよりゆっくりとランチタイムを過ごしたのであった。





京都の美味おとりよせ


びお亭
自然食レストラン

京都市中京区三条通東洞院西南角 2F
電話 075−255−0086 定休日 日・月曜、祝日
営業時間 11:30〜14:00、17:00〜20:30(木曜は昼のみ、土曜は夜のみ)


アロマ

京都関西グルメ本 Copyright (C) 2004-2012旅楽トラベル 京都オーガニック(自然食) びお亭のランチ&ディナーの情報です。